★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

【久遠さんのストーリー】CryptoNinja #033ホルダーになった経緯と今後の活動への決意

「CryptoNinjaホルダーになる人が、どんな想いでNFTを入手しているのか知りたいな」

こういった疑問にこたえます。

2022年6月にNinjaホルダーになった久遠さん。その経緯を知りたくて、「記事を書かせてください!」と図々しくもお願いしてみました。

その回答は「どうぞ」と快諾。さっそく、何度かDMでやりとりをさせて頂きながら、以下の内容をまとめさせて頂きました。

この記事の内容

  • 久遠さんがweb3に参入した経緯
  • Ninjaホルダーになって変わった意識
  • 今後の活動への決意

この記事では、「久遠さんがCryptoNinja #033ホルダーになった経緯」を中心に紹介していきます。

ぜひ、最後までお読みください。

「まずは経緯から紹介しますね」

久遠さんがweb3に参入した経緯

2022年2月に知人に誘われ、STEPNを始めたことがweb3の世界に参入するきっかけでした。

最初に購入したのは「Neo Tokyo Punks」

ある日、TwitterのタイムラインにNeo Tokyo Punksのイラストが流れてきました。

Neo Tokyo Punks

NFTのことはよく分かっていませんでしたが、イラストに衝撃を受けて即購入。

Neo Tokyo Punksのホルダーになり、NFTコレクターとしての第一歩を踏み出しました。

「これがNFT界に足を踏み入れたキッカケ」

次の目標は「CLONE X」

たまたまSTEPNで利益が出たこともあり、今度はNFTの投資的な側面に興味がでてきました。

実は、NFTを勉強し始めた頃は、CLONE Xを次の目標にしようと思っていました。

CLONE Xとは?

CLONE X

CLONE Xはクローン化した人間をコンセプトとした、RTFKTと村上隆氏がコラボして誕生させたコレクションです。

2022年7月時点の最低価格は11.36ETH(約170万円)で取引されています。

CryptoNinjaとの出会い

CLONE Xの他にも、様々なプロジェクトを調べていく中で知ったのが、CryptoNinja Partners(CNP)Ninja DAOの存在。

日本発のNFTコレクション。大成功をおさめるCNPの躍進を身近に感じる中で、徐々にメインコレクションのCryptoNinjaに興味が移っていきました。

でも、CryptoNinjaはikehayaさんがNFTを受け渡す人を選好する形で販売するスタイル。

当時はちょっと無理かな…と思っていたんですよね。

久遠さんがCryptoNinjaホルダーを目指した理由

Ninjaホルダーの仲間入りをして、Ninja DAOに貢献していきたかった。

CryptoNinja #033はオークション販売だった

いよいよCLONE Xを購入するか!というタイミングで、「CryptoNinja #033はオークションで販売」というニュースを知りました。

CryptoNinja #033はオークションで販売され、収益の全額を猫の腎臓病予防を研究する「一般社団法人AIM医学研究所」に寄付されました。

1点物の国内プロジェクトを選択

CLONE XとCryptoNinja #033のどちらを購入するか…。悩んだ末、国内プロジェクトで一点物であるCryptoNinja #033「久遠」の購入を決断。

オファー制だと勝ち目がないかもしれませんが、オークションなら勝負ができるかも…と感じていました。

Ninja DAOへの憧れ

CryptoNinjaへの興味の高まりにつれて、Ninja DAOへの憧れも感じるようになりました。

国内のNFTプレイヤーが集まり、すごいスピード感で物事が進んでいく。しかも自律的に。

私もこの中の一員になりたい。そして、DAOにコミットする決意の表れとしてもNinjaホルダーになりたいと思うようになりました。

激戦のオークション

このオークションは、予想通り激戦でした。

「僕は2回オファーを出しました」

オークション終了間際のオファー

  • しゅうへい氏:10.5ETH
  • ミャース氏:11.025ETH
  • 久遠さん:11.77ETH
  • しゅうへい氏:12.3585ETH
  • 久遠さん:12.9764ETH

上記のように激戦。最後は、あのインフルエンサーのしゅうへい氏と接戦。

最終的には12.9764ETH(当時のレートで約300万円)で落札することができました。

お風呂からの入札

実は、オークション終了間際には、子どもたちをお風呂に入れながらの入札でした。

兼業主夫で4児の父なので、生活・子育てを回す必要が…。

でも、「絶対に欲しい!」という想いで子どもたちを片目にオークションに参加していましたね。

ライバルからの祝福

CryptoNinja #033「久遠」をGETすると、たくさんの祝福のメッセージが届きました。

その中でも特に感動したのが、ミャースさんからのDM。

ミャースさんも最後まで入札されており、本当に欲しかったのだと思います。

それにも関わらず、私が落札した直後に、温かい言葉をかけていただいたことは忘れません。

「これがNinja DAOの温かさなんでしょうね」

久遠さんがCryptoNinjaホルダーになって変わったこと

web3を共に歩く仲間ができ、人生の楽しみが増えました。

Twitterのフォロワーが爆増

CryptoNinjaホルダー10名による超絶Giveawayが開催されました。

一気に約1800名にフォローされた

このGiveawayをきっかけにたくさんの人にフォローしていただけました。

でも、これは先輩忍者の方々に履かせてもらった下駄。

無駄にせぬよう、しっかりと精進していきたいと思います。

web3を歩く仲間ができた

そして、先輩忍者の方々はもちろん、Ninja DAOに参加している人たちなど、web3を共に歩く仲間ができました。

STEPNから入ったweb3の世界、最初はひとりで孤独でした。当時は「web3は個人主義、孤独は当たり前」なんて感じていましたね。

Ninja DAOとの出会い

でも、Ninja DAOでは違う。共に助け合ったり、喜びを分け合ったりできる仲間がいます。

Ninja DAOの活発さや実際に参加者の皆さんと関わる中で、自分も仲間たちと一緒にCryptoNinjaの価値を高めていきたいと思うようになりまた。

仲間と一緒に、まだ不確実性の高いweb3の世界を歩いていけるようになったのも、久遠のおかげだと思っています。

》Ninja DAOに参加する

人生の楽しみが増えた

一点物のNFTであるCryptoNinja #033を持つことで、まさに自分自身が「久遠」になったような、深いホルダー体験をすることができています。

久遠の姿を身にまとい、現実世界とは異なる人格、人間関係などを築いていける。

こういった楽しみが人生に加わったことで、毎日がとても充実しています。

ファンアートからもらえる元気

CryptoNinjaでは、ファンアートが盛んです。久遠も例外ではなく、たくさんの人がファンアートを作ってくれています。

まるで、自分を描いてもらっているような感覚であり、とても嬉しいです。

様々な久遠を見ることで元気をもらえ、現実社会の中での力ともなる。これはホルダーが味わえる特権なんじゃないかと。

今後、久遠さんがCryptoNinjaホルダーとしてやっていきたいこと

久遠としての忍者の価値を高めることで、応援してくれている人たちに恩返しをしていきたい。

まず、久遠としての忍者の価値を高めていきたい

CryptoNinja #033を落札した翌日から、TwitterでNinja DAOの活動に関わるアカウントを開設しました。

まずは、Ninja DAOの活動に参加して貢献しつつ、多くの人に「久遠」として認知されるようになれたらと思っています。

そのために、なるべく色々なところに顔を出していくのが当面の目標です。

応援してくれた人への恩返し

「久遠」としての活動を通じて、CryptoNinjaの価値を高めていくことが、応援してくれている人への恩返しになるはず。

そのために、Ninjaとして恥じない行動をするとともに、誇りをもって活動していけたらと思っています。

「あいつに久遠をもってもらえて良かった」と思ってもらえるよう、精進せねばですね。

日本のNFT市場を盛り上げる

国内のNFT市場はまだまだ小さい。現状では「知る人ぞ知る」世界です。

NFTアーティストを応援するためにも、国内市場を拡大していくことは急務ですよね。

Ninjaホルダーとして様々な活動を盛り上げていくことで、より多くの人にNFTの楽しさを伝えていけたらと感じています。

まとめ:今から始まるストーリー

というわけで、「久遠さんがCryptoNinja #033「久遠」のホルダーになった経緯」を紹介しました。

僕がこの経緯から感じたことは以下です。

  • これから広がるストーリーを一緒に歩きたい
  • 素晴らしき「恩返し」の精神

これから広がるストーリーを一緒に歩きたい

久遠さんがTwitterで活動を始めたのは、CryptoNinja #033をGETした翌日。

Ninjaホルダーとしてゼロから歩み始めています。これからきっと、「久遠」としての様々なストーリーが待っているはず。

今回、この記事を作成するために何度かDMでやりとりをさせて頂きました。

そのやりとりを通じて感じたのが、「このストーリーを共に歩かせて頂きたい」と思えるような人柄の良さ。

「恩返し」の精神

久遠さんはことあるごとに「Ninjaの価値を高めて、DAOの皆さんに貢献したい」とおっしゃっていました。

Ninjaになって終わりではなく、Ninjaに慣れた恩を返していきたいと。

その言葉どおり、最近では久遠さんの露出も増えてきていますよね。Twitterでは精力的にNinja DAO関連の話題を発信しています。

認知拡大と価値向上

これが久遠さんの「キーワード」。まずは、CryptoNinjaや『久遠』を多くの人に知ってもらう。

そして、自身の活動を通してNinjaの価値を高めていく。これらが、応援してくれる人への恩返しになる。

恩を大切に生きる

僕が、久遠さんがCryptoNinja #033ホルダーになった経緯から学んだことは『恩を大切に生きる』ということ。

人生の中では、他者から応援されて成し遂げられることってあると思います。

その時、すぐには恩返しはできないかもしれない。でも、自分が成長することで返せる音もあるのではないか?

僕が返したい恩

「僕にも返したい恩があります」

過去に、仕事で行き詰っていたときに、さりげなく道を作ってくれた恩師がいました。

その時には、感謝の言葉を伝えるくらいしかできなかった…。でも、それで良かったのかも。

仕事も軌道にのった今なら、かつての恩師に恩返しができるかもしれない。

そんな気持ちになれました。

この記事を読んだあなたの感想も聞かせて頂けるとうれしいです。

NFTの買い方

「NFTってどうやって買うの?」って人は以下の記事を見ながら準備をしましょう!

5ステップで解説しています!

【OpenSea】NFTの買い方 | 初心者向けに5ステップで解説【Coincheck編】

》NFTの買い方 | 初心者向けに5ステップで解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA