★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

【2022年】米国株のNFT関連銘柄おすすめ5選!【なぜ、注目すべきなのか?】

「NFTが話題だから、米国株のNFT関連銘柄に投資してみたいな。期待の銘柄と投資方法を教えてほしい」

このような悩みにこたえます。

この記事の内容

  • NFTの概要と注目される理由
  • 米国株NFT関連銘柄おすすめ5選
  • 米国株NFT関連銘柄に投資する方法

最近、『NFT』をTwitterのアイコンに設定する人が増えていることから、身近に感じている人も多いのでは?

NFTの市場規模は、2025年頃には9兆円を超えると予想されており、NFT関連銘柄に注目が集まっています。

一部のNFT関連銘柄では価格が高騰しているものも…。

そこで、この記事では「NFTの概要」と「米国株NFT関連銘柄おすすめ5選」を解説します。

米国株への投資に必要なもの

米国株NFT関連銘柄に投資するのであれば、証券会社の口座が必要になります。

様々な証券会社がありますが、今から口座開設するならPayPay証券がオススメです!

PayPay証券のキャンペーン

》【無料】PayPay証券で口座開設する

NFTとは?注目される理由も解説

NFTとは?注目される理由も解説

NFTは唯一無二性を担保した、ブロックチェーン上に作られる技術です。

NFTとは?

NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、日本語では「非代替性トークン」と呼ばれます。

最近話題になっているのは「NFTアート」。NFT技術を実装したアート作品です。

「非代替性」とは?

非代替性とは「替えが効かない、唯一無二の」という意味。

NFTは「替えが効かない唯一無二であること」を「ブロックチェーン技術を利用して証明する」技術ということができます。

要するに、「NFTアートは、これまで制限なくコピーが可能だったデジタルデータに所有者情報を付記できるようになった」ということ。

「これのどこがすごいのか?ということを次に解説しますね」

NFTが注目される理由

NFTが注目される理由は以下のとおり。

  • ①:デジタル資産の所有が明らかになる
  • ②:「投機商品」としての価値がある
  • ③:ロイヤリティが設定できる

①:デジタル資産の所有が明らかになる

NFTは情報の改ざんや不正が難しいブロックチェーン上に成り立つ技術。

そのため、NFTには作成者や所有者が記録され、唯一無二であることが証明されています。

デジタルアートなのでコピーはされますが、所有が明らかなので価値は担保されるのが特徴です。

》NFTはコピーできます。でも、NFTで大切なのは「所有」だから問題なし

②:「投機商品」としての価値がある

NFTアートは、仮想通貨を使って売買されており、二次流通(転売)も活発に行われています。

そのため、人気のNFTアートは販売後も価値がどんどん上がっていくわけですね。

例えば、日本発のNFTコレクションのCoolGirlNFTでは、初期の販売価格が0.8ETHだったアートが、二次流通で10ETH(約160万円)と10倍以上に跳ね上がりました。

》CoolGirlNFTについて

このように、NFTは投資対象としても人気が出てきています。

③:ロイヤリティが設定できる

NFTはクリエイターが出品するときに『ロイヤリティ』を設定できます。

『ロイヤリティ』とは、NFTが二次流通(転売)されたときに、設定したパーセンテージの報酬がクリエイターに入る仕組みです。

今までのアート作品は、販売時にクリエイターに報酬が入りますが、その後にいくら価格が高騰したとしてもクリエイターには報酬が入りません。

でも、NFTはロイヤリティを設定することで、販売後に人気が出て価値が高まった場合にも、きちんとクリエイターに報酬が還元されるわけです。

》OpenSeaでのNFT転売のやり方・稼ぎ方 | 安く買って高く売る

【米国株】NFT関連銘柄おすすめ5選

【米国株】NFT関連銘柄おすすめ5選

米国株NFT関連銘柄で僕のおすすめは以下の5つ。

  • Meta
  • Shopify
  • Spotify
  • VISA
  • Twitter

「順番に紹介していきます!」

米国NFT①:Meta

Metaホームページ
Meta

Metaは元フェイスブックですね。

MetaのCEOマーク・ザッカーバーグ氏は「今後2年間で約5000万ドルをメタバースに投資し、メタバースのインフラを用意する」と発表しています。

子会社のInstagramでもNFTを導入することを公表!

全世界中で利用されているInstagramにNFTが導入されたら一気に広がりそうですよね。

「そのため、NFT関連企業として、かなり注目を集めています!」

米国NFT②:Shopify

Shopifyホームページ
Shopify

Shopifyは、NFTを販売するサービスを既に提供しています。

2021年7月に、シカゴブルズ(アメリカのプロバスケットボールチーム)が、NBAチャンピオンシップリングのデジタルアートを販売し、一瞬で完売させたことが話題になりました。

さらに、Shopifyは今後NFTの取引をより活発にすると発表しています。

Shopifyの月間ユーザー数は約10億円!本格的にNFTが導入されれば、市場がかなり広がることが予想されますね。

米国NFT③:Spotify

Spotifyホームページ
Spotify

Spotifyは音楽ストリーミングサービスを提供する企業。

Spotifyは、今後『音楽を聴いて稼ぐアプリ:PENTA』と提携する可能性が出てきています。

》【NFT】PENTA(ペンタ)とは?音楽を聴いて稼げるアプリ

このアプリでは、Spotifyアカウントとウォレットを接続し、PENTAヘッドホン(NFT)を購入することで、音楽を聴くだけで仮想通貨が稼げるようになる予定です。

これが実現したら、Spotifyの登録者がさらに増えるかも?購入するなら今がチャンスかもしれないですね。

米国NFT④:VISA

VISAホームページ
VISA

VISAは世界中で利用されているクレジットカードの会社ですね。

今後、クリエイター向けNFT支援プログラムを開始することを発表しています。

このプログラムではクリエイターに1年間NFTについて以下のような成長機会を提供するとのこと。

  • NFT関連の技術や製品に関する助言
  • 他のNFTクリエイターとの意見交換
  • Web3.0で活躍する人の話を聞く機会 など

詳しくは、【米決済大手Visa、クリエイター向けNFT支援プログラムを開始】で紹介されています。

米国NFT⑤:Twitter

Twitterホームページ
Twitter

Twitter社は、140文字以内でツイートするSNSを提供する企業です。

ユーザーが保有するNFTアートをプロフィール画像に紐づけられる機能がリリースされており、自分のNFTアートを他のユーザーに公開できます。

ただし、日本での正式リリースはまだ。現在は、海外アカウントから実装されているようです。

近い将来、日本のアカウントでも対応すると思います。

【米国株】NFT関連銘柄への投資方法

【米国株】NFT関連銘柄への投資方法

NFT関連銘柄への投資は、証券会社で口座開設をして株を買いましょう。

  • ①:証券会社で口座開設
  • ②:米国NFT関連株を購入

「順番に解説します」

①:証券会社で口座開設

これから口座開設するなら、ネット証券がオススメ。パソコンやスマホで操作できるので、取引が簡単です。

オススメは以下の2社。

SBI証券

SBI証券は国内株式個人取引シャアNo.1!「つみたてNISA」や「iDeCo」にも対応しています。

僕はSBI証券で「つみたてNISA」を利用していて、NFT関連株は以下のPayPay証券で購入しています。

PayPay証券

PayPay証券は、PayPayが手掛ける証券会社です。

PayPayが手掛けているだけあり、直感的で操作しやすい取引画面が特徴。さらに、株を1000円から購入することができるので、少額から始めることができます。

上記で紹介した「Twitter」や「VISA」の他にも、「Amazon」「ウォルト・ディズニー」などにも投資できちゃいます。

今だけ、キャンペーン!

新規口座開設キャンペーンを実施中。

7月31日までにキャンペーンコードcpn2206を入力して新規口座開設した人の中から、抽選で1010名に投資資金プレゼント!

1等(10名)は「50,000円」!

最短3分で口座申込(無料)は完了します。

PayPay証券

②:米国NFT関連株を購入

口座を開設したら、購入したい株を決めて購入してみてください。

買い方は証券会社によって異なりますが、上記の2社なら迷うことはないと思います。

まずは少額から買ってみましょう。

まとめ:米国株のNFT銘柄は今が狙い目

まとめ:米国株のNFT銘柄は今が狙い目

というわけで、NFTの概要や米国株NFT関連銘柄について解説しました。

ここまでをまとめます。

  • NFTは非代替性を特徴とした技術
  • 世界の大手企業が参入しはじめている
  • 米国株NFT関連銘柄は日本の証券会社からも購入可能

こんな感じでしょうか。

NFTの市場規模は、近い将来に数兆円規模に成長すると言われています。

日本ではまだマイナーなNFTですが、世界中ではかなり注目を集めていますよ。

今のうちから投資しよう

今後、NFTが全世界で注目され、生活の中に溶け込んでくると、NFT関連銘柄の価値も上がるかもしれません。

「今のうちから米国株のNFT関連銘柄に投資しておきたい!」という人は、PayPay証券の利用がオススメです。

今ならキャンペーン中なので、50,000円GETのチャンスです。サクッと口座開設しておきましょう。

》【無料】PayPay証券で口座開設

今だけ、キャンペーン!

新規口座開設キャンペーンを実施中。

7月31日までにキャンペーンコードcpn2206を入力して新規口座開設した人の中から、抽選で1010名に投資資金プレゼント!

1等(10名)は「50,000円」!

最短3分で口座申込(無料)は完了します。

PayPay証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA