★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

NFTを独自コントラクトでOpenSeaに出品する方法【Chocofactryを使えば簡単】

「NFTを売ってみたいけど、どうやって作ればいいのかな?独自コントラクトって何だろう?」

今回、「CoolGirl Campers(くるきゃん)」というNFTコレクションを開始するにあたり、OpenSeaに画像をアップする方法を色々と調べました。

その中で「共有コントラクト」と「独自コントラクト」という言葉を見つけて思考がストップ。「なんじゃそりゃー--」って感じだったんですよね。

きっと、これからNFT販売を始めようと思っている人も、同じ壁にぶつかるのでは?と思ったので、記事で解説しようと思います。

この記事の内容

  • 独自コントラクトとは?
  • 簡単に作れるジェネレーターの紹介
  • ChocofactoryでNFTを作る手順を解説

この記事を読んで頂ければ、『CoolGirl Campers(OpenSea)』のような独自コントラクトでのNFTコレクションが作れるようになります。

これからNFTを販売してみようと思う人は、ぜひ、最後までお読みください!

独自コントラクトとは?【NFTの特徴】

独自コントラクトは、チェーン上で独立したトークンです。

独自コントラクトのNFTの特徴

OpenSeaなどのNFTマーケットプレイス上で作成するのではなく、自分でチェーン上に作成したコントラクトのことを「独自コントラクト」といいます。

マーケットプレイス上でNFTを作った場合(共有コントラクト)、チェーン上ではマーケットプレイスのコントラクト上のトークンの1つでしかすぎません。

簡単にいうと、「マーケットプレイス(OpenSeaなど)が持つコントラクトアドレスを借りている」のが共有コントラクトって感じです。

  • 共有コントラクト:OpenSeaなどで作る
  • 独自コントラクト:自分で作る

共有コントラクトのメリット・デメリット

メリット

  • 専門的なプログラミング知識がなくても簡単にNFTを発行できる。
  • ある程度、マーケット側のサポートが受けられる

デメリット

  • OpenSeaなどのマーケットがサービス終了してしまうと作品がなくなる可能性がある

独自コントラクトのメリット・デメリット

メリット

  • NFTに関する自由度が高まる
  • マーケットの存在に関わらず、自分が発行者としてチェーン上に刻まれる

デメリット

  • プログラミングの知識がある程度必要
  • マーケット側のサポートが限られる場合がある

「僕は、自分のNFTを作りたかったので『独自コントラクト』を選びました!」

でも、プログラミングの知識は初心者レベル…。

独自コントラクトでの作成はムリかとも思いましたが、以下のジェネレーターを使うことで比較的簡単に作成できましたよ!

独自コントラクトでNFTを作れるジェネレーター2選

独自コントラクトのNFTジェネレーターで有名なのは以下の2つ。

  • thirdweb
  • Chocofactory

「順番に紹介しますね」

thirdweb

  • 規格:ERC721、ERC1155、ERC20
  • 対応:Ethereum、Polygon、BinanceChain、Fantom、Avalanche
  • プログラミングコードを打ち込まなくても利用できる
  • より高度な設定をしたい場合にはSDKでコードからの利用も可能。

》thirdweb

Chocofactory

  • 規格:ERC721
  • 対応:Ethereum、Polygonなど
  • トークン番号ごとに1つずつ画像をアップしていく方式
  • 1枚絵のコレクションなどに適しているかも

「僕はChocofactoryを使ってNFTを作りました!」

経験談をもとに、Chocofactoryの使い方を以下で解説しますね。

Chocofactryで独自コントラクトのNFTを作成する方法

まず、Chocofactoryの公式サイトにアクセスしましょう!

》Chocofactry

①:ウォレットを接続する

トップ画面の右上にある『Connect』をクリックしましょう!

OpenSeaでNFTを作成したいウォレットを接続しましょう!
※新規にNFTコレクションを作る時には、新しくMetaMask(コレクション専用)を作ることをオススメします

MetaMaskで承認すれば、Chocofactoryとの接続が完了です。

②:NFTをmintする

Chocofactoryと接続できたら、画面右上にある『New』をクリックしましょう。

その後、以下の項目を入力します。

  • Network:使用するチェーン
  • Name:コレクション名
  • Symbol:コレクションの略称

NFT Contractの画面で『New』をクリックします。

NFT作成に必要な項目を入力していきます。

  • Name:NFTの名称
  • Description:NFTのDescription欄
  • Image:NFT画像
  • Attributes:Properties欄

必要な項目を入力したら、上にある『Save』をクリックしましょう。

NFT Contractの画面に戻ったら、右上の『Deployed』をクリック。

初回のみガス代がかかるので、MetaMaskで承認しましょう。

ガス代を承認すれば、mintの準備は完了です。

mintしたいNFTにチェックを入れて、『Mint』をクリックしてガス代を支払えばmint完了です!

③:mintされたNFTを確認する

無事にNFTがmintされたかを確認しましょう。

Chocofactryに接続したMetaMaskをOpenSeaに接続後、『My Collections』を開きます。

先ほどmintしたコレクションとNFTアートが表示されるかと思います。

コレクションのヘッダーや、Twitter、Discordなどの設定をしたら販売準備完了です!

「お疲れさまでした!意外と簡単ですよね」

mint後の修正

mintした後も、画像やDespription等の修正は可能です。

Chocofactoryの画面で内容を修正した後、OpenSeaの画面で「リフレッシュ」を押すだけでOK。

画像の差し替えなどのギミックも簡単に作れちゃいますね!

まとめ:独自コントラクトでNFTを作ってみよう!

というわけで、独自コントラクトでNFTを作成する方法を解説しました。

Chocofactryなどのジェネレーターを使うと簡単にNFTは作れてしまいますが、プログラミングなどの勉強はしておくべきだと思います。

正直簡単とは言えませんが、NFTを販売するなら最低限の知識をつけておくべきかと。

おすすめの勉強法

まずは、以下のような本を購入しましょう。

「でも、正直なところ初心者には結構難易度が高いです…」

そこで学びやすいのが、cryptozombiesです。

遊び感覚で、コードをいじりながら学ぶことができますよ。基礎を学びつつ、上記の書籍を読み進めていくのが良いかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA