★ 無料で仮想通貨を稼ぐお得な方法「7選」 ★

NFTの買い方:ビットフライヤーを利用する方法

この記事を書いた人

この記事を書いた人:こたろ(ブロガー/NFTマーケター)

》プロフィール

NFTアートを買ってみたい。でも、何から始めたらいいのか全然わからない…」

という人に向けて、OpenSeaでNFTアートを買う方法を解説します。

この記事で分かること

  • そもそもNFTとは?
  • NFT購入にbitFlyer(ビットフライヤー)がオススメな理由
  • NFTアートの買い方
  • NFTの購入に関してよくある質問
  • NFTを購入した後に注意すべきこと

この記事では、実際にNFTアートを数多く購入している僕が『NFTの買い方』について徹底解説します!

実際に所有しているNFTの一部

NFT初心者の方でも迷わないように、実際の画面をお見せしながら解説していきます。

記事を読みながらPCを操作していけば、無事にNFTを購入することができますよ!

》すぐに「NFTの買い方」を見たいひとはこちら

【重要】

仮想通貨を「販売所」で買うと、手数料を損してしまいます。

NFTを購入するなら、イーサリアムを「取引所」で購入できるbitFlyerなどを使うようにしましょう!

bitFlyer

》詳しい口座開設の方法はこちら

目次

そもそも、NFTってなに?

そもそも、NFTってなに?

NFTは「Non-Fundible Token」の略で、直訳すると「代替不可能なトークン」となります。

ネット上のデータの「所有」を明らかにすることで、1つ1つのデータが価値をもつようになりました。

》参考:【徹底解説】NFTとは?仕組みや購入方法、販売方法を初心者に分かりやすく解説

例えば、以下のような感じで、NFT化された画像にはシリアルナンバーのような固有の番号(コントラクトのアドレス)が割り振られます。

OpenSeaのコントラクトのアドレス

上記のように、1つ1つが唯一無二のものとなって、世界に1つだけのデータであることを証明しています。

以下の動画でも分かりやすく解説されていましたので、興味のある方はご覧ください。

NFT購入にビットフライヤーがオススメな理由

NFT購入のために口座開設する仮想通貨取引所にbitFlyerをオススメする理由は以下の4つです。

  • 人気の仮想通貨の手数料が安い
  • 人気の仮想通貨が1円~買える
  • 取引の操作が簡単
  • ビットコインが貯まるクレジットカードを作れる

「順番に解説しますね!」

理由①:人気の仮想通貨の手数料が安い

NFTの購入では、多くの場合「イーサリアム(ETH)」という仮想通貨を利用します。

bitFlyerでは、イーサリアムを「販売所」ではなく、手数料が安い『取引所』で購入することが可能です。

「販売所」と「取引所」の違いについては、以下の記事で解説しています。

》【bitFlyerとCoincheckの比較】予算が少ない人はどちらで口座開設すべき?

理由②:人気の仮想通貨が1円~買える

bitFlyerでは、イーサリアムを「0.00000001ETH」から購入できます。

bitFlyerの最小発注数量の表

2023年1月時点では「1ETH=約17万円」なので、1円から購入が可能ですね。

自分の予算に合った額から、仮想通貨を購入できるのもbitFlyerのメリットです。

理由③:取引の操作が簡単

bitFlyerはスマホのアプリでの取引が可能です。

アプリがとても使いやすいので、仮想通貨初心者でも問題なく操作できると思います。

理由④:ビットコインが貯まるクレジットカードを作れる

ビットコインが貯まるbitFlyerクレカ

bitFlyerでは、ビットコインが貯まるクレジットカードを作ることができます。

毎日の買い物をbitFlyerクレカで支払うだけで、自動的にビットコインが貯まるのは嬉しいですね!

他の取引所では仮想通貨が貯まるクレジットカードは発行していないので、bitFlyerだけのサービスになります。

》ビットフライヤーのクレジットカードでBitcoinを貯めよう

ビットフライヤーでNFTを買う方法①:仮想通貨取引所の口座開設

ビットフライヤーでNFTを買う方法①:仮想通貨取引所の口座開設

①:口座開設&二段階認証

まず、bitFlyerにアクセスしましょう。アプリを登録したりするので、スマホで登録するが簡単だと思います。

bitFlyerの公式HPを開く 》

口座開設①
  • ①:「メールアドレス」を入力して「登録」をタップ
  • ②:メールが届いたら「キーワード」をコピー
  • ③:サイトに戻って「キーワード」を貼りつけ

続いて、以下のように進めます。

口座開設②
  • ①:パスワードを決めて入力
  • ②:同意事項の全てをチェック
  • ③:二段階認証のやり方を選択

僕はSMS(ショートメッセージ)で認証しました。携帯のSMSに届いた「認証コード」を入力して、「認証する」をタップすればOKです。

②:本人確認

本人確認はスマホならめちゃくちゃ簡単です。「運転免許証」か「マイナンバーカード」のどちらかを用意しましょう。

まず、案内にしたがって「ご本人様情報」「取引目的」を登録します。

次に本人確認です。

口座開設③
  • ①:「クイック本人確認」を選択
  • ②:「本人確認資料」を選択
  • ③:案内に従って撮影

「この後は全てアプリ上から登録がスムーズ。公式HPに表示された「bitFlyerのアプリ」をダウンロードしましょう」

③:銀行情報の登録

bitFlyerのアプリをダウンロードしたら、先ほど登録したメールアドレスとパスワードで「ログイン」しましょう。

ログイン後は、取引する銀行口座を登録します。

口座開設④
  • ①:アプリ画面下の「入出金」をタップ
  • ②:「銀行口座を登録する」を選択
  • ③:銀行口座の情報を入力

銀行口座の情報を入力すると「承認待ち」になります。承認されるとメールが届くのでそれまで待ちましょう。

僕の場合は5分くらいで承認メールが来ました。

④:入金

承認メールが来たら、入金まで済ませておきましょう。

口座開設⑤
  • ①:アプリ画面下の「入出金」をタップ
  • ②:利用するネットバンクを選択
  • ③:入金額を入力

住信SBI銀行の口座がなくても、ひとまず今ある口座で大丈夫です。口座は4つまで登録できるので、後々に必要な講座を作ればOK。

【無料】10分で口座開設が完了

bitFlyerの口座は、無料で開設できて、スマホから10分で手続きが終わります。まずは、サクッと口座開設しちゃいましょう!

bitFlyer

》詳しい口座開設の方法はこちら

【無料】10分で開設!bitFlyerの口座の作り方

ビットフライヤーでNFTを買う方法②:イーサリアム(ETH)の購入

ビットフライヤーでNFTを買う方法②:イーサリアム(ETH)の購入

bitFlyerの口座開設できたら、次はNFTの購入に必要なイーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムを取引所(Lightning)で買う2つの方法

ここではbitFlyerのスマホ(アプリ)でイーサリアムを取引所から購入する方法を紹介します。

以下の2つの方法があります。

  • ①:『現在の価格』で買う
  • ②:『指定した価格』になったら買う

順番に紹介します。

①:イーサリアムを『現在の価格』で買う方法

イーサリアムを『現在の価格』で買う方法①

以下の手順で購入します。

  • ①:ホーム画面で「Lightning」→「ETH 現物」をタップ
  • ②:画面中央下の価格が表示されているボタンをタップ
  • ③:「成行」をタップして「数量」を入力して購入

ビットフライヤーの「Lightning」では、購入時に「0.01~0.15%」の手数料がかかります。

「今回の場合は、0.00015ETHなので、約4円ですね。安い!」

②:イーサリアムを『指定した価格』になったら買う方法

イーサリアムを『指定した価格』になったら買う方法

以下の手順で購入します。

  • ①:ホーム画面で「Lightning」→「ETH 現物」をタップ
  • ②:画面中央下の価格が表示されているボタンをタップ
  • ③:「指値」をタップして「数量」「購入したい価格(1ETH)」を入力して購入

そもそも、指値って?

指値注文とは、「この値段まで下がったら買う!」ということを予約しておく注文方法です。

例えば、現在価格が1ETH=30万円のときに「1ETH=28万円になったら0.05ETH買うよ!」と注目しておく感じ。

今より下がると予想するなら便利な買い方ですよね。

このようにbitFlyerではイーサリアムの購入も、めちゃくちゃ簡単にできます。

ビットフライヤーでNFTを買う方法③:ウォレットの作成

ビットフライヤーでNFTを買う方法③:ウォレットの作成

bitFlyerでイーサリアムを購入したら、次はMetaMaskでウォレットを作ります。

  • bitFlyer:銀行口座
  • MetaMask:お財布

上記のような感じで、OpenSeaというマーケットにNFTを買いに行く際に、イーサリアムを入れて持っていくお財布(ウォレット)を作るイメージです。

ウォレットにもいろいろ種類がありますが、MetaMaskが有名ですし、初心者でも扱いやすいので最初のウォレットとしてオススメです。

「ここが難関…。ここさえ乗り越えれば、NFT購入はあと少しです!」

「以下で、実際の画面を使いながら解説するので、安心してくださいね」

MetaMaskのアカウント開設

まず、MetaMaskの公式サイトにアクセスしましょう。

》MetaMaskの公式サイト

MetaMaskのアカウント開設①

MetaMaskのホームページにアクセスしたら【Download now】をクリックします。

MetaMaskのアカウント開設②

画面上部にある選択肢から【Chrome】を選択し、【Install MetaMask for Chrome】をクリックします。

MetaMaskのアカウント開設③

画面右上の【Chromeに追加】をクリックします。

MetaMaskのアカウント開設④

上記の画面が出てきた人は【拡張機能を追加】をクリックしましょう。

MetaMaskのアカウント開設⑤

MetaMaskの設定に進みます。

MetaMaskのアカウント開設⑦

右側の【ウォレットの作成】をクリックします。

MetaMaskのアカウント開設⑧

こちらは【結構です(同意しない)】を選択してOKです。行動履歴を見られても良い人は「同意する」を選んでも大丈夫。

MetaMaskのアカウント開設⑨

パスワードを設定しましょう。

MetaMaskのアカウント開設⑩

ウォレットの保護を動画で学べます。

動画は英語ですが、内容は画面右側に日本で解説されているので読んでおきましょう。

MetaMaskのアカウント開設⑪

続いて、バックアップのフレーズを確認します。

シークレットリカバリーフレーズはパスワードを忘れてしまった時などに、ウォレットを復元するときに使用します。

【ここをクリックします】を押すと12個の英単語が並んでいます。これを忘れないようにメモを取りましょう。

「このシークレットリカバリーフレーズは、絶対に他の人に教えちゃダメです。ウォレットの中身を盗まれてしまいます!」

MetaMaskのアカウント開設⑫

先ほどメモした12個の英単語が画面下に並んでいます。

正しい順番に選択すればOKです。

MetaMaskのアカウント開設⑬

これでMetaMaskのアカウント開設は完了です。【すべて完了】をクリックすると以下の画面が開きます。

MetaMaskのアカウント開設⑭

おつかれさまでした!

おまけ:スマホ版アプリのインストール

ついでに、スマホ版アプリもインストールしておくと便利です。

スマホ版アプリのインストール①
  • ①:スマホにMetaMaskをインストールします
  • ②:アプリを開いて【開始】をタップ
  • ③:【シークレットリカバリーフレーズを…】をタップ
スマホ版アプリのインストール②
  • ④:行動追跡されたくなければ【同意しません】
  • ⑤:シークレットリカバリーフレーズを入力
  • ⑥:アプリで使用するパスワードを入力

これでOKです。簡単ですね。

シークレットリカバリーフレーズは、先ほどPC版のインストールで使用したものを、1単語ずつスペースをあけて入力しましょう。

パスワードは、PC版と同じでも良いですし、変えてもOKです。NFT購入もあと少し。次は、作成したウォレットにイーサリアムを送金しましょう。

ビットフライヤーでNFTを買う方法:ウォレットにETHを送金

ビットフライヤーでNFTを買う方法:ウォレットにETHを送金

MetaMaskでウォレットを作ったら、bitFlyerからイーサリアムを送金しましょう。

以下の手順で簡単に送金できます。

  • ①:MetaMaskのウォレットアドレスをコピー
  • ②:bitFlyerに「送付先」を登録
  • ③:MetaMaskにイーサリアムを送金

「以下では、画像を見ながら進めらるように解説しています」

①:MetaMaskのウォレットアドレスのコピー

仮想通貨の送金するためにはウォレットアドレスが必要です。

ウォレットアドレスとは銀行の口座番号のようなもので、MetaMaskのホーム画面に記載されています。

MetaMaskのウォレットアドレスのコピー

MetaMaskのホーム画面のAccount1の下に「0x…….」とうすい灰色で表示されているのがウォレットアドレスです。

このウォレットアドレスを「コピー」しておきましょう。

②:bitFlyerに「送付先」を登録

ビットフライヤーにログインしましょう。

bitFlyerに「送付先」を登録①

以下の順にクリックしていきます。

  • ①:入出金
  • ②:イーサリアム
  • ③:送付
  • ④:アドレスを登録する

登録してあるメールアドレスに登録リンクが届きます。

SMS認証で届くコードを入力すると登録画面が出てくるので、以下のように入力しましょう。

bitFlyerに「送付先」を登録②
  • ラベル「MetaMask」
  • イーサリアムアドレス「0x…から始まるウォレットアドレス」

イーサリアムアドレスには、先ほどメタマスクの画面でコピーしたウォレットアドレスを貼りつけます。ここを間違えると、他人のウォレットに送金されてしまうので慎重に!

【次へ】を選択すると、次の画面にうつります。

bitFlyerに「送付先」を登録③
  • アドレス所有者「お客様本人」
  • 送付先「プライベートウォレット」

上記を選択して【追加する】をクリックしましょう。

これでbitFlyerに「送付先」を登録できました。

③:MetaMaskのウォレットにイーサリアムを送金

ビットフライヤーの「入出金」のメニューから、先ほど登録したウォレットアドレスを選択しましょう。

MetaMaskのウォレットにイーサリアムを送金

選択すると以下のような画面になります。

MetaMaskのウォレットにイーサリアムを送金②

送付数量を入力して送金します。

ちなみに、送金手数料は0.005ETH(約1,500円)かかります。これはコインチェックやビットバンクなども一緒です。

【送付を確定する】とSMS認証が届くので、コードを入力して【認証する】で送金完了です。

④:MetaMaskで着金を確認

送付が完了するとメールが届きます。日によって送金にかかる時間は変わりますが、30分くらいかかることもあります。

念のため、MetaMaskにイーサリアムがちゃんと届いているか確認しましょう。

Google chromeの画面右上のパズルのようなアイコンをクリックして「MetaMask」を選択

パスワードを入力してログイン。きちんと着金していましたね。

MetaMaskで着金を確認

ここまでできれば、NFTの購入もあと少しです!次はOpenSeaにウォレットを接続してNFTを買いましょう!

ビットフライヤーでNFTを買う方法⑤:OpenSeaに接続して購入

ビットフライヤーでNFTを買う方法⑤:OpenSeaに接続して購入

いよいよOpenSeaでイーサリアム版のNFTアートの購入です。

以下の手順で購入しましょう。

  • ①:OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続
  • ②:OpenSeaのプロフィールを設定
  • ③:OpenSeaでNFTを購入

①:OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する

まず、OpenSeaのトップページにアクセスしましょう。

》【公式】OpenSea

OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する①

画面の右上にある「財布のアイコン」をクリックします。

OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する②

接続するウォレットから「MetaMask」を選んでください。

MetaMaskを選択するとパスワードの入力画面になります。MetaMaskのパスワードを入力しましょう。

MetaMaskウォレットの接続はこれだけです。これでOpenSeaでNFTアートを購入する準備ができました。

ウォレットの中身を見る

OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する③

画面の右上の「お財布のアイコン」をクリックすると、ウォレットの中身を見ることができます。

NFTアートの購入に必要な仮想通貨を入金しておきましょう。

》bitFlyerからMetaMaskにイーサリアムを送金する方法

②:OpenSeaのプロフィール設定

OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する④

プロフィールの設定は、画面右上のアイコンをタップして【Profile】をクリックします。

OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する⑤

画面右側にある歯車のアイコンの【Settings】をクリックすると編集画面になります。

「Username」と「Email Address」は最低限入力しておきましょう。

③:OpenSeaでNFTを購入する

OpenSeaで欲しいNFTを見つけましょう。

OpenSeaにあるNFTは3パターン

OpenSeaでNFTを購入する
  • ①:販売中:「Price」の表示あり
  • ②:未販売:「Last」のみ or 表示なし
  • ③:オークション:「Bid」の表示あり

今回はイーサリアムで購入できるNFTについて解説します!

Priceの下に「黒のイーサマーク」と「値段」が表示されているNFTは、すぐに購入できます。

OpenSeaでNFTを購入する②

上のNFTのように『Buy now』が表示されるものは購入できます。

ここでは、以下の3ステップで「①:販売中:「Price」の表示あり」のNFTの買い方を解説します。

  • STEP 1:OpenSeaで購入したいNFTを見つける
  • STEP 2:ガス代(手数料)を確認してNFTを購入
  • STEP 3:購入したNFTを確認

OpenSeaで購入したいNFTを見つける

OpenSeaでNFTを購入する③

購入するNFTアートを決めたら、【Buy now】をクリックしましょう。

OpenSeaでNFTを購入する④

上記のような画面が出てきたら、画面下をチェックします。

OpenSeaでNFTを購入する⑤

購入するNFTの価格、コレクション名を確認して【Confirm checkout】をクリック。

その後、購入画面に移動します。

ガス代(手数料)を確認してNFTを購入

OpenSeaでNFTを購入する⑥

購入に必要なガス代(手数料)が表示されます。表示されたガス代で良ければ【確認】をクリックしましょう。

ガス代は数十秒ごとに変動します。画面をながめつつ、安くなったところで【確認】をクリックするのがオススメ!

処理が終わって、画面に「Your purchase has processed」と表示されたら完了です。同時にOpenSeaからメールが届くと思います。

これでNFTの購入は完了です。

スマホ編】OpenSeaでNFTを購入する

こちらは「おまけ」ですが、NFTはMetaMaskのアプリをインストールしてあればスマホでも購入できます。

OpenSeaでNFTを購入する⑦
  • ①:MetaMaskアプリの左上の「三本線アイコン」をタップ
  • ②:「ブラウザー」をタップ
  • ③:買いたいNFTを選ぶ
OpenSeaでNFTを購入する⑧
  • ④:「Buy now」をタップ
  • ⑤:料金を確認して「Checkout」をタップ
  • ⑥:ガス代と合計金額を確認して「確認」をタップ

「このときのガス代は0.004ETH(7.88ドル)だったので、約1100円くらいですね。時間によってガス代は変動します!」

OpenSeaでNFTを購入する⑨

しばらく待つと、手続きが終わって購入完了となります。

ぜひ、お気に入りのNFTアートを購入しましょう!

ビットフライヤーでNFTを買うときによくある質問

ビットフライヤーでNFTを買うときによくある疑問

ビットフライヤーでNFTを買うときによくある疑問は以下の3つ。

  • ①:Twitterでよく見るGiveawayってなに?
  • ②:NFTをお得に手に入れる方法は?
  • ③:NFTのホワイトリストってなに?

「順番に答えますね」

疑問①:Twitterでよく見るGiveawayってなに?

NFTに興味をもってTwitterを見ていると「Giveaway企画」などが目につきますよね。

「Giveaway」とは、NFTのプレゼント企画のこと。一定の条件を満たして応募した人の中から当選するとNFTを送ってもらえます。

この方法なら、無料でNFTをGETできますね。詳しくは以下の記事でも解説しています。

》Giveawayとは?受け取り方や企画する方法などを解説

疑問②:NFTをお得に手に入れる方法は?

NFTをお得に手に入れる方法のひとつに「ふるさと納税」があります。

ふるさと納税で寄付をすると、返礼品でNFTがもらえちゃうってわけですね。

これなら、節税しながらお得にNFTをGETできます。詳しくは以下の記事でも解説しています。

》ふるさと納税で節税しながらNFTをもらう方法

疑問③:NFTのホワイトリストってなに?

NFTを購入するときには「ホワイトリスト(アローリスト)」と呼ばれる優先購入権を入手できるとお得に買えます。

なぜなら、ホワイトリストを持っていると値上がりする前の定価でNFTを購入できるから。例えば、CNPというNFTは販売価格は300円程度でしたが、今では20万円近い値をつけています。

優良プロジェクトこそ、ホワイトリストを入手してお得にNFTをGETしましょう。

》ホワイトリストとは?獲得後の買い方や注意点も解説

ビットフライヤーでNFTを買って儲ける・稼ぐ方法

ビットフライヤーを利用して購入したNFTを使って、儲ける方法は「転売」です!

なぜ、NFTは転売をして良いのか?

NFTは転売されると、作者にロイヤリティ報酬が入ります。

例えば、OpenSeaに出品された転売品を1ETHで購入したとすると、その10%の0.1ETHが作者に報酬として入ります。

そのため、作者としても転売されることでもメリットがあるわけですね!

NFTを転売して儲ける方法

簡単にいうと「安く買って、高く売る」というのが転売で儲ける方法です。

NFTの醍醐味は、自分が持っているNFTコレクションを応援することで、NFTの価値を高めていくことができる可能性があることです。

例えば、あるNFTが売れるようにSNSで宣伝したり、コミュニティで活動したりすることで、NFTの価値向上に貢献できるわけですね。

詳しくは、以下の記事でも解説しています。

》OpenSeaでのNFT転売のやり方・稼ぎ方 | 安く買って高く売る

ビットフライヤーを利用してNFTを購入した後に気を付けること・注意点

NFTを購入後に気を付けるべきことは「詐欺」です。詐欺対策として以下の3つは確実にやりましょう!

  • DMのリンクは踏まない
  • MetaMaskは複数管理する
  • ハードウェアウォレットを使う

「順番に解説します!」

DMのリンクは踏まない

DiscordやTwitterなどのDMで送られてくるリンクは、基本的に詐欺だと思って疑いましょう。

詐欺師はリンクで詐欺サイトに誘導して、あなたのウォレットの中身を全て抜き取ろうとしています。

「DMは詐欺」を合言葉に、NFTを楽しみましょう。

MetaMaskは複数管理する

MetaMaskウォレットは購入サイトに接続する「購入用」と外部サイトには接続しない「保管用」に分けて管理しましょう。

購入したNFTは、その都度「保管用」にうつしておけば、万が一「購入用」で詐欺にあっても「保管用」のNFTは守ることができます。

10分あればできる詐欺対策です。ぜひ、以下の記事を読みながら設定しましょう!

》MetaMask(メタマスク)で複数アカウントを作って詐欺対策する方法

ハードウェアウォレットを使う

さらに詐欺からの防御力を高めるには「ハードウェアウォレット」を使うと良いです。

ハードウェアウォレットは、インターネットから切り離された場所でNFTを管理できるため、詐欺にあうリスクがかなり下げることができます。

詳しくは、以下の記事で解説しているので、ぜひお読みください。

》【NFT保管】ハードウェアウォレット(Ledger)の使い方

まとめ:ビットフライヤーでNFTを買おう!

まとめ:ビットフライヤーでNFTを買おう!

ビットフライヤーを使ってNFTを購入する手順を紹介しました。NFTは以下の手順で購入します。

「リンクをクリックすると該当箇所に戻ります!」

NFTの購入は、仮想通貨取引所の口座を開設するところからです。

今から開設するなら、NFT購入に必要な仮想通貨(イーサリアム)が手数料安く買えるbitFlyerの口座がオススメ!

【無料】10分で口座開設が完了

bitFlyerの口座は、無料で開設できて、スマホから10分で手続きが終わります。まずは、サクッと口座開設しちゃいましょう!

bitFlyer

》詳しい口座開設の方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA