★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

【NFT保管】ハードウェアウォレット(Ledger)の使い方【ハッキング対策】

「NFTをハッキングから守りたい。でも、どうしたらリスクを下げられるのかな?」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • ハードウェアウォレットが必要な理由
  • 購入すべきハードウェアウォレット
  • ハードウェアウォレットの使い方

せっかく購入したNFTがハッキングにあって全て盗まれてしまったら悲しいですよね…。

ハッキングからの防御力は「ハードウェアウォレット(Ledger Mano)を使う」ことで格段に上げられます。

最近では、CryptoNija Partnersが大成功したこともあり、日本人のウォレットが詐欺師から狙われています。

「実際に、Twitterなどでは『盗まれた!』と悲鳴があちこちで…」

MetaMaskで複数のウォレットを作って管理している人も、それだけでは防御があまいです。

大切なNFTをハードウェアウォレットを使ってしっかりと守りましょうね!

Ledger NANOの種類

  • Ledger NANO X(23,937円)
  • Ledger NANO S PLUS(11,549円)
  • Ledger NANO S(8,990円)

》Ledger NANO S PLUS(購入サイト)

「僕のおすすめはLedger NANO S PLUS。NANO Sだと容量が少ないので…」

NFTのハッキング対策にハードウェアウォレットが必要な理由

NFTのハッキング対策にハードウェアウォレットが必要な理由

メタマスクなどのホットウォレットは、ハッキングされるリスクが高いからです。

MetaMaskの複数運用だけでは危うい

ハッキングの対策として、MetaMaskで複数ウォレットを管理している人も多いのでは?

複数のウォレットを作って、普段メインで使うウォレットと、NFT保管用のウォレットを分けるわけですね。

普段、メインで使っているウォレットは、様々なサイトに接続してかなりのリスクに晒されています。いつ危ないリンクを踏むか分からない…。

なので、最悪ウォレットをハッキングされても最小限のダメージで済むように、中身を分散管理するわけです。

》MetaMaskで複数ウォレットを作成する方法

「まだ分散管理していない人は、今すぐ上のリンクを見ながらウォレットを作ろう!」

でも、MetaMask複数ウォレットは最低限の対策です。

いくら分散管理しても、MetaMaskは危険です。

MetaMask=ホットウォレット

ホットウォレットとは、インターネットに接続している状態で使用するウォレットです。

なので、あなたのPCがハッキングされて遠隔操作がハッカーから可能となると…全部盗まれます。

「めちゃくちゃ怖いですよね」

だからこそ、インターネットから切り離されたオフラインにあるウォレット(コールドウォレット)。すなわち、ハードウェアウォレットが必要なわけですね。

それでも、ハードウェアウォレットを使わない人が多い

ここまで怖さを知っても、ハードウェアウォレットを使わない人は多いです。

「怖さは分かったけど、自分は大丈夫っしょ!」って思う人が多い。実際、過去の僕もそうでした。

でも、CryptoNinja Partners (CNP)が大成功して、海外のハッカーたちがNFT初心者の日本人をカモにし始めています。

Twitterで「CNP ハッキング」とかで検索してみてください。結構出てきますよ。

ハードウェアウォレットを使わないのは…

ハードウェアウォレットを使わないのは、たとえば「戦場に裸でいく」くらい危険です。

NFTやweb3界隈は新興市場なので、悪い人もそれなりにいます。そして、彼らは巧妙です。

しっかりとハードウェアウォレットで自衛しつつ、ちゃんと気を付ければハッキングのリスクはかなり下げられます。

「なので、絶対に導入したほうがいいですよ!」

購入すべきハードウェアウォレット

購入すべきハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットで有名なのは「Ledger NANO」と「Trezor」です。

この記事では「Ledger NANO」を紹介しますね。日本人での利用者も多いので、初心者にオススメです。

買い方や使い方を解説する前に、安全な買い方を解説します。これが非常に重要です。

》Ledger NANO (購入サイト)

Ledger NANOは新品を買う

Ledger NANOはAmazonやメルカリなどで中古も購入できます。しかも、そちらの方がちょっと安かったり…。

でも、絶対にAmazonやメルカリで買っちゃダメです。

購入したハードウェアウォレットが中古品で、誰かがウィルスを仕掛けていたら…。

「ウィルスで中身を全部盗まれちゃうかも..」

地獄のようですね。

Ledger NANOの買い方

安心して買えるのはLedger公式ストアやハードウェアウォレットジャパンです。日本語にも対応しています。

実際に僕も購入して利用しているので安全性は信じて頂いてOKかと。

Ledger公式ストア

フランスに本社があります。PayPal等に対応しているので、クレジットカードで購入可能!

Ledger NANOの種類

Ledger NANOは3種類あります。

Ledger NANOの種類

  • Ledger NANO X(23,937円)
  • Ledger NANO S PLUS(11,549円)
  • Ledger NANO S(8,990円)

》Ledger NANO S PLUS(購入サイト)

僕のおすすめはLedger NANO S PLUSです。

最大の理由は容量の違いです。Ledger NANO Sの容量は320KBしかないですが、Ledger NANO S PLUSは2.5MB!

2500円の差でここまで容量が増えるならお得だと思います。そして、初心者なら2.5MBも容量があれば十分かと。

ハードウェアウォレットに関するよくある疑問

ハードウェアウォレットに関するよくある疑問

ハードウェアウォレットを購入する前に、以下のような疑問を感じる人も多いはず。

  • 紛失したり、盗難されたらどうなるの?
  • 壊れたらどうなるの?
  • 使い方は難しい?

順番に解説しますね。

Ledger NANOが紛失や盗難された時の対応

ハードウェアウォレットが紛失した場合は、可能な限り早い対応が必要です。要するに、ウォレットの中身を盗まれる前に対処しないといけない。

やるべきことは以下。

  • ①:新しいハードウェアウォレットにシークレットリカバリーフレーズを入力して復元する
  • ②:ウォレット(MetaMaskなど)の中身を全て別のウォレットに移動する
     》MetaMaskで複数ウォレットを運用する方法
  • ③:新しいハードウェアウォレットで新しい秘密鍵を生成する

こんな感じです。紛失・盗難された時には、時間との戦いになります。

ハードウェアウォレットは別のものがあればシークレットリカバリーフレーズを入力して復元できます。

でも、別のものを持っていない場合、紛失に気づいてから新しいハードウェアウォレットを購入しなくてはいけません。

この場合、どれだけ急いでも1週間以上は何も対策できないので、危険ですよね。

「もし、盗難だった場合はその間にウォレットの中身が盗まれちゃうかも…」

なので、盗難時に迅速に対応できるように予備用のハードウェアウォレットがあるとさらに安心です。

Ledger NANOが壊れた時の対応

Ledger NANOを買い直して、シークレットリカバリーフレーズを入力して復元すればOKです。

壊れたハードウェアウォレットがその場にあれば、ウォレットの中身が盗まれる危険性は低い。なので落ち着いて対処しましょう。

Twitterなどで「壊れたー!助けてぇ」などツイートすると「データが壊れる前に保護します。シークレットリカバリーフレーズを教えてください」などとDMが来ます。

でも、これは詐欺です。親切に見せかけた詐欺。シークレットリカバリーフレーズは何があっても絶対に他人に教えてはいけません!

Ledger NANOの使い方の難易度

使い方はとっても簡単です。

日本人でも使っている人が増えているのか、使い方もググれば結構でてきますよ。

この記事でも、以下で使い方を紹介しますね。

ハードウェアウォレット(Ledger NANO)の使い方

ハードウェアウォレット(Ledger NANO)の使い方

以下の手順で使います。

  • ①:公式アプリ「Ledger Live」をインストール
  • ②:MetaMaskに接続する
  • ③:NFTをハードウェアウォレットに移動する

順番に解説します。

使い方①:公式アプリ「Ledger Live」をインストール

まずは、公式アプリをインストールしましょう。

Ledger公式アプリ:http://www.ledger.com/ledger-live/

セットアップの方法は、「ハードウェアウォレットジャパン」の記事で詳しく解説されています。

》Ledger NANO S PLUSの初期設定の仕方

使い方②:MetaMaskに接続する

Ledger NANOはMetaMaskに連携すると手軽に使用できます

MetaMaskに接続

MetaMaskを開いて『ハードウェアウォレットの接続』をクリックしましょう。

「でもさ、MetaMaskに接続したらハッキングされるんじゃないの…?」

上記のように思う人もいるはず。でも、大丈夫です。

MetaMaskに接続しても、Leder NANOが生成する「秘密鍵」はMetaMaskに保存されません。

接続すると使いやすくなるだけで、実際に署名したりするときにはハードウェアウォレットでの操作が必要になります。だから安心ですね。

使い方③:NFTをハードウェアウォレットに移動する

通常は以下の手順で使用します。

  • MetaMaskウォレットでNFTを購入
  • 購入したNFTをハードウェアウォレットに送る

・ハードウェアウォレットで保管

OpenSeaで購入したNFTなら、以下のように簡単にNFTを送れます。

『Transfer』のアイコンをクリック。その後、ハードウェアウォレットのアドレスを入力するだけです。

ハードウェアウォレットの中のNFTを売りたい時は、ハードウェアウォレットを操作してMetaMaskに送りましょう。

難しそうに感じるかもですが、実際にやってみると簡単ですよ。

まとめ:ハードウェアウォレット(Ledger NANO)を使ってNFTを守ろう

まとめ:ハードウェアウォレット(Ledger NANO)を使ってNFTを守ろう

というわけで、「ハードウェアウォレット(Ledger NANO)を使う理由・使い方」を解説しました。

ここまでをまとめます。

  • ハッキングからNFTを守るには『ハードウェアウォレット(Ledger NANO)が必要
  • Ledger NANOは絶対に『公式サイト』から買うべき
  • 設定後はLedger NANOにNFTを保管しておくと安心

こんな感じです。

「ハードウェアウォレットに12,000円かぁ…。だったらその分NFT買いたいな」

上記のように思う気持ちも分かります。でも、NFTを盗まれてからじゃ遅いです!

大切なNFTを守るための防御。自衛のためにも絶対に投資すべき。

おすすめのハードウェアウォレット

  • Ledger NANO S PLUS:一押し!
  • Ledger NANO S:少しでも安く買いたいなら…

》Ledger NANO S PLUS(購入サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA