★ 無料で仮想通貨を稼ぐお得な方法「7選」 ★

BraveでMetaMask(メタマスク)ウォレットを使う方法

この記事を書いた人

この記事を書いた人:こたろ(ブロガー/NFTマーケター)

》プロフィール

「BraveでもMetaMask(メタマスク)を使えるって本当?導入の仕方を教えてほしい」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • BraveにMetaMaskをインストールする方法
  • Braveウォレットとは?MetaMaskとの比較
  • Braveで稼いだBATは直接MetaMaskに送れない

web3.0時代のブラウザ「Brave」を導入したなら、Braveにウォレットを作って仮想通貨やNFTを楽しんでいきたいですよね。

実は、BraveにもChromeと同様の方法でMetaMaskウォレットを作ることができます。

この記事では、BraveにMetaMaskをインストールする方法を解説します。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法

まず、MetaMaskの公式サイトにアクセスしましょう。

》MetaMaskの公式サイト

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法①

MetaMaskのホームページにアクセスしたら【Download now】をクリックします。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法②

画面上部にある選択肢から【Chrome】を選択し、【Install MetaMask for Chrome】をクリックします。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法③

画面右上の【Chromeに追加】をクリックします。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法④

上記の画面が出てきた人は【拡張機能を追加】をクリックしましょう。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑤

MetaMaskの設定に進みます。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑥

右側の【ウォレットの作成】をクリックします。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑦

こちらは【結構です(同意しない)】を選択してOKです。行動履歴を見られても良い人は「同意する」を選んでも大丈夫。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑧

パスワードを設定しましょう。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑨

ウォレットの保護を動画で学べます。

動画は英語ですが、内容は画面右側に日本で解説されているので読んでおきましょう。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑩

続いて、バックアップのフレーズを確認します。

バックアップフレーズはパスワードを忘れてしまった時などに、ウォレットを復元するときに使用します。

【ここをクリックします】を押すと12個の英単語が並んでいます。これを忘れないようにメモを取りましょう。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑫

先ほどメモした12個の英単語が画面下に並んでいます。

正しい順番に選択すればOKです。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑬

これでMetaMaskのアカウント開設は完了です。【すべて完了】をクリックすると以下の画面が開きます。

BraveにMetaMask(メタマスク)をインストールする方法⑭

【体験談】BraveのMetaMask(メタマスク)でNFTを買ってみた

BraveのMetaMaskウォレットでも、以下の3ステップでOpenSeaのNFTを購入できました。

  • STEP①:OpenSeaにウォレットを接続
  • STEP②:購入するNFTを選定
  • STEP③:NFTを購入

「順番に紹介しますね!」

STEP①:OpenSeaにウォレットを接続

STEP①:OpenSeaにウォレットを接続

NFTマーケットプレイス(OpenSea)のサイトを開き、ウォレットを接続します。

STEP②:購入するNFTを選定

購入するNFTを選定

購入するNFTを選びます。

STEP③:NFTを購入

STEP③:NFTを購入

NFTを購入します。

全ての手順は、ChromeでインストールしたMetaMaskと同じでした!

Braveウォレットとは?MetaMask(メタマスク)との比較

Braveウォレットとは?MetaMask(メタマスク)との比較

Braveにはブラウザに組み込まれている「Braveウォレット」というものもあります。

Braveウォレットとは?

BraveウォレットとMetaMask同様に、暗号通貨、トークン、その他の資産の購入・保管・交換、資産ポートフォリオの管理、Web3 DAppsとの接続などに使用することができます。

しかし、以下のようにBraveウォレットとMetaMaskには異なる点もあります。

  • Braveウォレット:Braveブラウザに組み込まれている
  • MetaMaskウォレット:インストールが必要な拡張機能

Braveウォレットはブラウザに直接組み込まれているため、フィッシングや盗難のリスクが低くなります。

Braveウォレットでできること

Braveウォレットでは、以下のようなことができます。

  • 仮想通貨の購入・保管・スワップ
  • NFT・マルチチェーンのサポート
  • Ledgerなどのハードウェアウォレットのインポート
  • 他のWeb3 DAppsとの接続

「NFTを触るにも十分な機能ですね!」

MetaMaskからBraveウォレットへのインポートも可能

既に使っているMetaMaskからBraveウォレットへのインポートも可能です。

以下でBrave公式からインポート方法が解説されています。

》How do I use Brave Wallet?

とはいえ、ウォレットを分けることはリスク分散にもなりますので、僕はMetaMaskはインポートせず、Braveで新たなウォレットを作って使用しています。

注意点:Braveで稼いだBATは直接MetaMask(メタマスク)には送れない

Braveブラウザでは、ネット検索をするだけで仮想通貨BATが貯まります。

しかし、Braveで稼いだBATは、BraveでMetaMaskを作っても、MetaMaskに送ることはできません。

BATを送ったり、日本円に換金するには、bitFlyerの口座と連携する必要があります。

詳しくは、以下の記事でやり方を解説しているので、ぜひお読みください。

》Braveで検索して稼ぐ | 仮想通貨BATを稼ぐ方法

まとめ:BraveでMetaMask(メタマスク)を使おう!

まとめ:BraveでMetaMask(メタマスク)を使おう!

というわけで、BraveでMetaMaskを使う方法を解説しました。

Braveには「Braveウォレット」もありますが、初心者のうちはネット上に情報も多いMetaMaskウォレットを使うことをオススメします。

MetaMaskなら困った時にネット検索すれば、大抵の解決策はヒットしますからね。

  • Brave:ネット検索で仮想通貨BATを稼ぐ
  • MetaMask:仮想通貨やNFTの管理

僕は上記のような感じで使っています。

ぜひ、BraveにもMetaMaskを導入して、web3.0を楽しんでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA