★ 無料で仮想通貨を稼ぐお得な方法「7選」 ★

【無料あり】初心者におすすめのメタバース:始め方・稼ぐ方法を解説

この記事を書いた人

この記事を書いた人:こたろ(ブロガー/NFTマーケター)

》プロフィール

「メタバースを始めたいけど、どこのプラットホームがいいのかな?初心者でも扱いやすいところを教えて欲しい」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • メタバースとは?
  • 初心者におすすめのメタバース
  • 初心者がメタバースで稼ぐ方法

メタバースが流行ってきていますが、「メタバースってなんだか難しそう…」と思っていませんか?

過去の僕も、メタバースは設定が難しく、必要な機器が高額であると思い込んでいました。

でも、実際には設定は簡単で必要な機器はパソコンのみ。誰でも簡単に始められるものでした。

とはいえ、メタバースのプラットホームはたくさんあるので、どれで始めたら良いのか悩みますよ。

そこで、この記事では「初心者におすすめのメタバース」を紹介します。

メタバースで稼ぎたい場合

ちなみに、メタバース内で稼ごうと思ったら、仮想通貨を利用する必要がでてきます。

収益化を目的としている人は、bitFlyerなどの仮想通貨取引所で口座開設しておきましょう。

bitFlyer

bitFlyer

》詳しい口座開設の方法はこちら

メタバースとは?

メタバースは「仮想空間」のことで、インターネット上に作られた空間でアバター(自身の分身)を動かして参加します。

メタバース=仮想空間

メタバースは「仮想空間」のことで、現実世界を超えてどこまでも広がるネット上の世界です。

メタバースの語源は「Meta=超越」「Universe=世界」を組み合わせていると言われています。

スノウ・クラッシュ」という1992年に発行されたニール・スティーブンソンの小説の世界から名付けられたとのことです。

メタバースで出来ること

メタバースは実際の社会と近い状態で活動できます。

  • 会話
  • ゲームで遊ぶ
  • 会議をする 等

上記のような社会生活をネット上で行えるので、遠く離れた人とも近くでつながっているような感覚になれますよ!

メタバースとVRの違い

VRは「仮想現実」のことです。なので、実際には起こっていないことを仮想的に体験できる技術です。

以下のようなVRゴーグルを使用しながら、実際に自分がその場にいるような感覚を経験できます。

メタバースはVRゴーグルが必要?

メタバースはVRゴーグルがなくても楽しめます。なので、気軽に体験できますね!

メタバースによってはVRゴーグルに対応していて、視界の360度に映像をうつせるものもあります。

初心者におすすめのメタバース

初心者におすすめのメタバースは以下の3つ。

  • Cluster
  • Zoa Space
  • The Sandbox

「順番に紹介しますね!」

おすすめ①:Cluster

おすすめ①:Cluster

》公式サイト:https://cluster.mu/

おすすめの理由

  • 仮想通貨やVRゴーグルなしでプレイ可能
  • PCだけでなく、スマホでも遊べる
  • 国内の企業が運営しているので安心

Clusterは国内の企業である「クラスター株式会社」によって運営されています。

アカウント登録すれば、すぐに楽しむことができるためNFTのイベントなどでもよく使用されているプラットホームです。

「ワールド」と呼ばれる仮想空間で公開されている様々な世界で楽しみむことができます。

Cluster

》Clusterをもっと詳しく知る

おすすめ②:Zoa space

おすすめ②:Zoa space

》公式サイト:https://zoa.space/

おすすめの理由

  • 仮想通貨やVRゴーグルなしでプレイ可能
  • 保有NFTをアバターに着せられる
  • NFT関連のイベントが多い

Zoa spaceは国内の企業である「Suishow株式会社」により運営されています。

こちらもアカウント登録すれば、すぐに楽しむことができます。

Zoa spaceは保有しているNFTをアバターのTシャツにして着飾ることができるのが特徴。

そのため、NFT関連のイベントが多く開催されています。

Zoa space

》Zoa spaceをもっと詳しく知る

おすすめ③:The Sandbox

》公式サイト:https://www.sandbox.game/

おすすめの理由

  • キャラクターや土地の売買で収益化できる
  • ボクセルアートを自分で作って販売できる
  • 自作ゲームを有料で提供できる

The Sandboxは、中国の企業であるThe Sandbox社が運営しています。

大人気のゲーム「マインクラフト」のような世界で遊ぶことができるメタバースです。

ゲームの中でNFTの売買ができ、プレイヤーが実際に稼ぐことができるのが魅力のひとつ。

「メタバースで稼いでみたいという人にオススメ!」

The Sandbox

》The Sandboxをもっと詳しく知る

初心者がメタバースで稼ぐ方法

初心者がメタバースで稼ぐ方法

初心者がメタバースで稼ぎやすい方法は以下の3つです。

  • キャラクターやアイテムを作る
  • イベントを企画する
  • メタバース上の土地を売買する

「順番に解説します」

稼ぎ方①:キャラクターやアイテムを作る

メタバース内で使うキャラクターやアイテムを作って販売することで稼ぐのが1つ目の方法です。

The Sandboxでは、ボクセルアートで作ったものをNFT化して販売することができます。

ボクセルアートの作成スキルを学ぶ必要があるので、少し難易度は高めですかね。

【メタバース】The Sandbox(サンドボックス)の始め方・稼ぎ方

稼ぎ方②:イベントを企画する

メタバース上でイベントを開催し、入場料などで稼ぐことができます。

例えば、Clusterでは、「有料チケット」を持っている人が入場できるようなイベントの作成が可能です。

他のメタバースでもチケット制はできますが、Clusterでは面倒な手続きがないことがメリットですね。

稼ぎ方③:メタバース上の土地を売買する

メタバース上の土地を売買して、不動産投資のような感じで稼ぐことができます。

例えば、The Sandboxでは「LAND」という土地を取引することが可能です。

しかも、日本の取引所であるCoincheckで直接購入できるので、初心者でも手を出しやすいと思いますよ。

初心者がメタバースを始める上での注意点

初心者がメタバースを始める上で、以下の3点は確実に気を付けるべきです。

  • DMでくる詐欺に気を付ける
  • ウォレットのリカバリーフレーズは絶対に教えない
  • ウォレットを複数管理する

「順番に解説します」

注意点①:DMでくる詐欺に気を付ける

Web3界隈では「DMは詐欺」が合言葉のように使われるほど、DMを通じた詐欺が多いです。

そのため、TwitterやDiscordで送られてくるDMは基本的に詐欺だと思って疑いましょう。

特に、DMで送られてきたリンク(URL)をクリックするのは細心の注意を払うべきです!

注意点②:ウォレットのリカバリーフレーズは絶対に教えない

ウォレットのリカバリーフレーズを聞かれたら、間違いなく詐欺です。

※リカバリーフレーズ=ウォレットの復元ワード

もし、リカバリーフレーズを相手に教えてしまうと、ウォレットごと盗まれてしまいます。

どれだけ仲が良い相手でも、絶対に教えてはいけません!

注意点③:ウォレットを複数管理する

万が一、詐欺にあってしまったときに備えて、ウォレットを複数管理しておきましょう。

  • 保管用:他のサイトに接続しない
  • 購入用:他のサイトに接続してNFTを購入

上記のようにウォレットを分けておけば、被害にあったとしても「購入用」のみで済みます。

詳しくは以下の記事で解説しているので、今すぐ対策しておきましょう。

》MetaMaskウォレットを複数管理する方法

初心者がメタバースを始める際によくある質問

初心者がメタバースを始める際によくある質問

初心者がメタバースを始めるときによくある質問として、以下の3つにこたえます。

  • メタバースは未成年でも始められる?
  • メタバースの初期費用は?
  • メタバースにVRゴーグルは必要?

「順番にこたえます」

質問①:メタバースは未成年でも始められる?

メタバース自体は未成年でも始められます。

ただし、仮想通貨取引所の口座開設が未成年では難しいため、トークンを日本円と交換したり、NFT売買をすることはできません。

そのため、未成年ではメタバースは使えるものの、限られた機能のみとなることに注意しましょう。

質問②:メタバースの初期費用は?

メタバースを利用するだけなら無料で使えるものも多いです。

例えば、本記事で紹介した「Cluster」や「Zao space」は無料ですね。

ただし、メタバースで稼ぐことを目的としている場合には、投資費用が必要になります。

質問③:メタバースにVRゴーグルは必要?

VRゴーグルがなくてもメタバースは使用可能です。

ただし、ClusterなどはVRモードも搭載しているので、VRゴーグルをつけることで更に楽しむことができます。

まずは、とにかくメタバースを体験してみて、慣れてきたら次のステップとしてVRゴーグルを購入することをオススメします。

まとめ:初心者におすすめのメタバース

というわけで、初心者にオススメのメタバースについて解説しました。

この記事で紹介した「初心者にオススメのメタバース」は以下の3つです。

  • Cluster
  • Zoa space
  • The Sandbox

メタバースを使って稼いでみたいという人は「The Sandbox」がオススメです。

ボクセルアート制作や土地(LAND)の売買で稼ぐことができます。

The Sandboxで必要な仮想通貨SANDは、日本の取引所ではCoincheckのみで購入できます。

この機会に、無料でできる口座開設だけでもやっておきましょう。

コインチェック

Coincheck

》詳しい口座開設の方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA