★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

【儲ける】OpenSeaでのNFT転売のやり方・稼ぎ方 | 安く買って高く売る

「NFTの転売で稼げるって聞いたんだけど、どうやったらのいいのかな?ゼロから分かるように教えて欲しい」

このような悩みを解決します。

NFTの転売で稼ぐためには、以下の2つを知る必要があります。

  • NFTを買う方法
  • NFTを売る方法

「NFTを安く買って、高く売ることで利益を得るわけですね」

「NFT転売」でめちゃくちゃ稼いでいる人たちがいます。

「1日で600万円以上」というのは極端ですが、「1つのNFT転売で5,000円くらい儲ける」というのはわりとできます。

実際に僕も、リリース日に購入したNFTアートをすぐに0.02ETH上乗せして出品したところ、3時間で売れました。

一瞬で5,000円の稼ぎですから、他の副業がバカバカしく感じましたね(笑)

当時のイーサリアムは「1ETH=約250,000円」だったので、0.02ETHの上乗せで5,000円くらい儲けた感じです。

これからNFTを触ろうとしている人なら、ぜひ「転売」にチャレンジして欲しいと思います。転売で稼いだETHを原資に、さらにNFTを購入できますからね。

この記事では「NFT転売」を成功させるために、「NFTの買い方」「NFTの売り方」を実際の画面を使って解説します。

完全初心者でもゼロからNFT転売ができるように紹介しているので、実際に画面を操作しながら読んでくださいね!

転売していいの?

「転売」というと聞こえは悪いですが、NFTは転売されると作者にも収入が入ります。転売価格の〇%というロイヤリティが設定されるので、転売した人も作者もWin-Winです!

NFT転売:OpenSeaでNFTを買う方法

NFTを転売して稼ぐために、まずOpenSeaでNFTを購入しましょう。購入手順は以下の5ステップです。

NFT購入までの手順

今回は、『イーサリアム版のNFTの買い方』について解説します。

手数料の安いポリゴン版NFTを買いたい場合には、①~④を完了してから「ポリゴン版NFTの買い方」をご覧ください。

STEP1:仮想通貨取引所の口座開設

①:口座開設&二段階認証

まず、bitFlyer【公式】にアクセスしましょう。アプリを登録したりするので、スマホで登録するが簡単だと思います。

bitFlyerの公式HPを開く 》

  • ①:「メールアドレス」を入力して「登録」をタップ
  • ②:メールが届いたら「キーワード」をコピー
  • ③:サイトに戻って「キーワード」を貼りつけ

続いて、以下のように進めます。

  • ①:パスワードを決めて入力
  • ②:同意事項の全てをチェック
  • ③:二段階認証のやり方を選択

僕はSMS(ショートメッセージ)で認証しました。携帯のSMSに届いた「認証コード」を入力して、「認証する」をタップすればOKです。

②:本人確認

本人確認はスマホならめちゃくちゃ簡単です。「運転免許証」か「マイナンバーカード」のどちらかを用意しましょう。

まず、案内にしたがって「ご本人様情報」「取引目的」を登録します。

次に本人確認です。

  • ①:「クイック本人確認」を選択
  • ②:「本人確認資料」を選択
  • ③:案内に従って撮影

「この後は全てアプリ上から登録がスムーズ。公式HPに表示された「bitFlyerのアプリ」をダウンロードしましょう」

③:銀行情報の登録

bitFlyerのアプリをダウンロードしたら、先ほど登録したメールアドレスとパスワードで「ログイン」しましょう。

ログイン後は、取引する銀行口座を登録します。

  • ①:アプリ画面下の「入出金」をタップ
  • ②:「銀行口座を登録する」を選択
  • ③:銀行口座の情報を入力

銀行口座の情報を入力すると「承認待ち」になります。承認されるとメールが届くのでそれまで待ちましょう。

僕の場合は5分くらいで承認メールが来ました。

④:入金

承認メールが来たら、入金まで済ませておきましょう。

  • ①:アプリ画面下の「入出金」をタップ
  • ②:利用するネットバンクを選択
  • ③:入金額を入力

住信SBI銀行の口座がなくても、ひとまず今ある口座で大丈夫です。口座は4つまで登録できるので、後々に必要な講座を作ればOK。

【無料】10分で口座開設が完了

bitFlyerの口座は、無料で開設できて、スマホから10分で手続きが終わります。まずは、サクッと口座開設しちゃいましょう!

》【無料】bitFlyerで口座開設する

【めちゃ簡単】10分で開設!bitFlyerの口座の作り方【無料です】

STEP2:イーサリアム(ETH)の購入

bitFlyerの口座開設できたら、次はNFTの購入に必要なイーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムを取引所(Lightning)で買う2つの方法

ここではbitFlyerのスマホ(アプリ)でイーサリアムを取引所から購入する方法を紹介します。

以下の2つの方法があります。

  • ①:『現在の価格』で買う
  • ②:『指定した価格』になったら買う

順番に紹介します。

》【bitFlyer】イーサリアムを「Lightning」で買う方法

【ビットフライヤー】イーサリアムを取引所で手数料安く買う方法【スマホで簡単】

①:イーサリアムを『現在の価格』で買う方法

以下の手順で購入します。

  • ①:ホーム画面で「Lightning」→「ETH 現物」をタップ
  • ②:画面中央下の価格が表示されているボタンをタップ
  • ③:「成行」をタップして「数量」を入力して購入

簡単ですよね。

ビットフライヤーの「Lightning」では、購入時に「0.01~0.15%」の手数料がかかります。

「今回の場合は、0.00015ETHなので、約4円ですね。安い!」

②:イーサリアムを『指定した価格』になったら買う方法

以下の手順で購入します。

  • ①:ホーム画面で「Lightning」→「ETH 現物」をタップ
  • ②:画面中央下の価格が表示されているボタンをタップ
  • ③:「指値」をタップして「数量」「購入したい価格(1ETH)」を入力して購入

こちらも簡単ですよね。

そもそも、指値って?

指値注文とは、「この値段まで下がったら買う!」ということを予約しておく注文方法です。

例えば、現在価格が1ETH=30万円のときに「1ETH=28万円になったら0.05ETH買うよ!」と注目しておく感じ。

今より下がると予想するなら便利な買い方ですよね。

このようにbitFlyerではイーサリアムの購入も、めちゃくちゃ簡単にできます。

STEP3:ウォレットの作成

bitFlyerでイーサリアムを購入したら、次はMetaMaskでウォレットを作ります。

  • bitFlyer:銀行口座
  • MetaMask:お財布

上記のような感じで、OpenSeaというマーケットにNFTを買いに行く際に、イーサリアムを入れて持っていくお財布(ウォレット)を作るイメージです。

ウォレットにもいろいろ種類がありますが、MetaMaskが有名ですし、初心者でも扱いやすいので最初のウォレットとしてオススメです。

》MetaMaskのアカウントを解説する方法

MetaMaskのアカウントを開設する方法【画像13枚で解説】

「ここが難関…。ここさえ乗り越えれば、NFT購入はあと少しです!」

「以下で、実際の画面を使いながら解説するので、安心してくださいね」

MetaMaskのアカウント開設

まず、MetaMaskの公式サイトにアクセスしましょう。

》MetaMaskの公式サイト

MetaMaskのホームページにアクセスしたら【Download now】をクリックします。

画面上部にある選択肢から【Chrome】を選択し、【Install MetaMask for Chrome】をクリックします。

画面右上の【Chromeに追加】をクリックします。

上記の画面が出てきた人は【拡張機能を追加】をクリックしましょう。

MetaMaskの設定に進みます。

右側の【ウォレットの作成】をクリックします。

こちらは【結構です(同意しない)】を選択してOKです。行動履歴を見られても良い人は「同意する」を選んでも大丈夫。

パスワードを設定しましょう。

ウォレットの保護を動画で学べます。

動画は英語ですが、内容は画面右側に日本で解説されているので読んでおきましょう。

続いて、バックアップのフレーズを確認します。

シークレットリカバリーフレーズはパスワードを忘れてしまった時などに、ウォレットを復元するときに使用します。

【ここをクリックします】を押すと12個の英単語が並んでいます。これを忘れないようにメモを取りましょう。

「このシークレットリカバリーフレーズは、絶対に他の人に教えちゃダメです。ウォレットの中身を盗まれてしまいます!」

先ほどメモした12個の英単語が画面下に並んでいます。

正しい順番に選択すればOKです。

これでMetaMaskのアカウント開設は完了です。【すべて完了】をクリックすると以下の画面が開きます。

おつかれさまでした!

おまけ:スマホ版アプリのインストール

ついでに、スマホ版アプリもインストールしておくと便利です。

  • ①:スマホにMetaMaskをインストールします
  • ②:アプリを開いて【開始】をタップ
  • ③:【シークレットリカバリーフレーズを…】をタップ
  • ④:行動追跡されたくなければ【同意しません】
  • ⑤:シークレットリカバリーフレーズを入力
  • ⑥:アプリで使用するパスワードを入力

これでOKです。簡単ですね。

シークレットリカバリーフレーズは、先ほどPC版のインストールで使用したものを、1単語ずつスペースをあけて入力しましょう。

パスワードは、PC版と同じでも良いですし、変えてもOKです。NFT購入もあと少し。次は、作成したウォレットにイーサリアムを送金しましょう。

STEP4:ウォレットにETHを送金

MetaMaskでウォレットを作ったら、bitFlyerからイーサリアムを送金しましょう。

以下の手順で簡単に送金できます。

  • ①:MetaMaskのウォレットアドレスをコピー
  • ②:bitFlyerに「送付先」を登録
  • ③:MetaMaskにイーサリアムを送金

これだけです。

》MetaMaskのウォレットにbitFlyerから送金する方法

【NFTが欲しい!】bitFlyerからMetaMaskのウォレットにイーサリアムを送金する方法

「以下では、画像を見ながら進めらるように解説しています」

①:MetaMaskのウォレットアドレスのコピー

仮想通貨の送金するためにはウォレットアドレスが必要です。

ウォレットアドレスとは銀行の口座番号のようなもので、MetaMaskのホーム画面に記載されています。

MetaMaskのホーム画面のAccount1の下に「0x…….」とうすい灰色で表示されているのがウォレットアドレスです。

このウォレットアドレスを「コピー」しておきましょう。

②:bitFlyerに「送付先」を登録

ビットフライヤーにログインしましょう。

以下の順にクリックしていきます。

  • ①:入出金
  • ②:イーサリアム
  • ③:送付
  • ④:アドレスを登録する

登録してあるメールアドレスに登録リンクが届きます。

SMS認証で届くコードを入力すると登録画面が出てくるので、以下のように入力しましょう。

  • ラベル「MetaMask」
  • イーサリアムアドレス「0x…から始まるウォレットアドレス」

イーサリアムアドレスには、先ほどメタマスクの画面でコピーしたウォレットアドレスを貼りつけます。ここを間違えると、他人のウォレットに送金されてしまうので慎重に!

【次へ】を選択すると、次の画面にうつります。

  • アドレス所有者「お客様本人」
  • 送付先「プライベートウォレット」

上記を選択して【追加する】をクリックしましょう。

これでbitFlyerに「送付先」を登録できました。

③:MetaMaskのウォレットにイーサリアムを送金

ビットフライヤーの「入出金」のメニューから、先ほど登録したウォレットアドレスを選択しましょう。

選択すると以下のような画面になります。

送付数量を入力して送金します。

ちなみに、送金手数料は0.005ETH(約1,500円)かかります。これはコインチェックやビットバンクなども一緒です。

【送付を確定する】とSMS認証が届くので、コードを入力して【認証する】で送金完了です。

④:MetaMaskで着金を確認

送付が完了するとメールが届きます。日によって送金にかかる時間は変わりますが、30分くらいかかることもあります。

念のため、MetaMaskにイーサリアムがちゃんと届いているか確認しましょう。

Google chromeの画面右上のパズルのようなアイコンをクリックして「MetaMask」を選択

パスワードを入力してログイン。きちんと着金していましたね。

ここまでできれば、NFTの購入もあと少しです!次はOpenSeaにウォレットを接続してNFTを買いましょう!

STEP5:OpenSeaに接続して購入

いよいよOpenSeaでイーサリアム版のNFTアートの購入です。

以下の手順で購入しましょう。

  • ①:OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続
  • ②:OpenSeaのプロフィールを設定
  • ③:OpenSeaでNFTを購入

簡単ですね。

》OpenSeaのNFTアートを購入する方法

【OpenSea】NFTアートを購入する方法【イーサリアム編】

①:OpenSeaにMetaMaskのウォレットを接続する

まず、OpenSeaのトップページにアクセスしましょう。

》【公式】OpenSea

画面の右上にある「財布のアイコン」をクリックします。

接続するウォレットから「MetaMask」を選んでください。

MetaMaskを選択するとパスワードの入力画面になります。MetaMaskのパスワードを入力しましょう。

MetaMaskウォレットの接続はこれだけです。これでOpenSeaでNFTアートを購入する準備ができました。

ウォレットの中身を見る

画面の右上の「お財布のアイコン」をクリックすると、ウォレットの中身を見ることができます。

NFTアートの購入に必要な仮想通貨を入金しておきましょう。

》bitFlyerからMetaMaskにイーサリアムを送金する方法

②:OpenSeaのプロフィール設定

プロフィールの設定は、画面右上のアイコンをタップして【Profile】をクリックします。

画面右側にある歯車のアイコンの【Settings】をクリックすると編集画面になります。

「Username」と「Email Address」は最低限入力しておきましょう。

以下、イーサリアム版のNFTの買い方を解説します。もし、手数料の安いポリゴン版NFTを購入したい人は、以下の記事から手続きを行ってください。

》手数料の安いポリゴン版のNFTの買い方

【安い】ポリゴンネットワークでのNFTの買い方【スマホでOK】

③:OpenSeaでNFTを購入する

OpenSeaで欲しいNFTを見つけましょう。

OpenSeaにあるNFTは3パターン

  • ①:販売中:「Price」の表示あり
  • ②:未販売:「Last」のみ or 表示なし
  • ③:オークション:「Bid」の表示あり

今回はイーサリアムで購入できるNFTについて解説します!

Priceの下に「黒のイーサマーク」と「値段」が表示されているNFTは、すぐに購入できます。

上のNFTのように『Buy now』が表示されるものは購入できます。

ここでは、以下の3ステップで「①:販売中:「Price」の表示あり」のNFTの買い方を解説します。

  • STEP 1:OpenSeaで購入したいNFTを見つける
  • STEP 2:ガス代(手数料)を確認してNFTを購入
  • STEP 3:購入したNFTを確認

OpenSeaで購入したいNFTを見つける

購入するNFTアートを決めたら、【Buy now】をクリックしましょう。

上記のような画面が出てきたら、画面下をチェックします。

購入するNFTの価格、コレクション名を確認して【Confirm checkout】をクリック。

その後、購入画面に移動します。

ガス代(手数料)を確認してNFTを購入

購入に必要なガス代(手数料)が表示されます。表示されたガス代で良ければ【確認】をクリックしましょう。

「上記だと43ドル(0.020619ETH)なので5,000円くらい。結構とられますね」

余裕をもってイーサリアムを購入~送金しておくことをオススメします。

ガス代は数十秒ごとに変動します。画面をながめつつ、安くなったところで【確認】をクリックするのがオススメ!

処理が終わって、画面に「Your purchase has processed」と表示されたら完了です。同時にOpenSeaからメールが届くと思います。

これでNFTの購入は完了です。おつかれさまでした。

スマホ編】OpenSeaでNFTを購入する

こちらは「おまけ」ですが、NFTはMetaMaskのアプリをインストールしてあればスマホでも購入できます。

  • ①:MetaMaskアプリの左上の「三本線アイコン」をタップ
  • ②:「ブラウザー」をタップ
  • ③:買いたいNFTを選ぶ
  • ④:「Buy now」をタップ
  • ⑤:料金を確認して「Checkout」をタップ
  • ⑥:ガス代と合計金額を確認して「確認」をタップ

「このときのガス代は0.004ETH(7.88ドル)だったので、約1100円くらいですね。時間によってガス代は変動するので、安く変えるといいですね!」

しばらく待つと、手続きが終わって購入完了となります。

「続いて、購入したNFTを出品する方法を解説しますね!」

NFT転売:OpenSeaで買ったNFTを売る方法

まず、OpenSeaの公式サイトに行き、ウォレットを接続しておきましょう。

》【公式】OpenSea

  • ①:右上の【丸いアイコン】をクリック
  • ②:【Profile】をクリック
  • ③:売りたいNFTの左下の【・・・】をクリック
  • ④:【Sell】をクリック

「ここからは【固定価格で売る】と【オークションで売る】に分けて解説します」

固定価格で売る場合の設定

  • ①:【Fixed Price】のタブを選択
  • ②:出品価格・販売期間・その他付加情報の設定
  • Price:出品する価格を入力。
  • Schedule listing:販売期間を設定。
  • Sell as a bundle:複数のアイテムをバンドル販売(まとめ売り)するための設定。
  • Reserve for specific buyer:特定の相手のみに販売したい場合は販売相手の宛先を入力。

上記の「Sell as a bundle」と「Reserve for specific buyer」は利用しない場合は空欄でOKです。

オークションで売る場合の設定

  • ①:【Timed Action】のタブを選択
  • ②:出品価格・販売期間・その他付加情報の設定

Method」から、オークションの形式を選択します。

  • Sell to highest bidder:価格釣り上げ式
  • Sell with declining price:価格下降式

それぞれを解説しますね。

Sell to highest bidder:価格釣り上げ式

購入希望者からのオファーを募り、最終的に最も高い金額を提示した購入希望者にアイテムを売却します。

通常、オークションと聞いて連想するのはこちらの方式ですね。

開始価格・オークション期間・リザーブ価格を設定しましょう。

  • Starting price:開始価格(最低出品価格)の設定。
  • Duration:オークション期間の設定。
  • Include reserve price:出品者側の最低出品価格の設定。購入希望者には表示されません。

全ての設定項目を入力した後、「Complete listing」のボタンをクリックします。

Sell with declining price:価格下降式

こちらは、価格が順番に下がっていく方式のオークションです。

出品者は設定したオークション価格を段階的に下げていきます。そして、最初にオファーをくれた販売希望者にアイテムを売却する方法です。

開始価格・オークション期間・終了価格を設定しましょう。

  • Starting price:開始価格の設定。オークション開始時の最高額です。
  • Duration:オークション期間の設定。
  • Ending price:終了価格の設定。オークションの最低価格になります。

全ての設定項目を入力した後、「Complete listing」のボタンをクリックします。

ガス代の支払い

OpenSeaでは初回のNFTアイテム販売時のみ、以下のブロックチェーンのガス代が発生します。

  • ①:ウォレットの初期化代
  • ②:トークン取引の承認代

いずれのガス代も、2回目以降の出品では発生しません。

初めてOpneSeaで販売をおこなう際にはウォレットの初期化が必要です。

その際にガス代が発生します。金額を確認して、「確認」ボタンをクリックしましょう。

続いて、トークン取引の承認料金としてのガス代を支払いましょう。

この時には、2つのガス代を合わせて「0.02ETH」くらい必要でした。

上記の2つのガス代を支払ったら、出品が処理されるのを待ちましょう。

「Confirm listing」になったら、OpenSeaでのNFTの出品は完了です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA