★ 無料で仮想通貨を稼ぐお得な方法「7選」 ★

【メタバース】The Sandbox(サンドボックス)の始め方・稼ぎ方

この記事を書いた人

この記事を書いた人:こたろ(ブロガー/NFTマーケター)

》プロフィール

「The Sandbox(サンドボックス)ってどんなゲームなのかな?メタバースで稼ぐってどうやるの?」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • The Sandboxとは?
  • 仮想通貨「SAND」とは?
  • The Sandboxで稼ぐ方法
  • The Sandboxの始め方
  • The Sandboxに関するよくある質問

メタバースのThe Sandboxが最近注目を集めていますよね。

The Sandboxでは、アバターをボクセルアートで制作したり、ゲームを開発したりできることが特徴です。

メタバース内で使える仮想通貨「SAND」は価格が上がってきており、企業が参入してゲーム内の土地(LAND)を購入するなど、The Sandboxは近年盛り上がってきています。

「高級ブランドGucciが参入しています!」

今回は、The Sandboxの始め方や稼ぎ方を分かりやすく解説していきます。

The Sandboxで収益化する方法についても紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

なお、The Sandboxでは仮想通貨SANDが必要です。国内ではCoincheckで取引ができるので、口座開設(無料)をしておきましょう!

コインチェック

Coincheck

》詳しい口座開設の方法はこちら

【メタバース】The Sandbox(サンドボックス)とは?

【メタバース】The Sandbox(サンドボックス)とは?

The Sandboxは、ブロックチェーン技術を活用したNFTゲームです。

The Sandbox=NFTゲーム

The Sandboxでは、ゲーム内に出てくるキャラクターやアイテムなどのデジタル情報にNFT技術によって価値をつけ、販売することができます。

例えば、あなたがゲーム内で作ったオリジナルキャラクターを、他のプレイヤーに売ることができるわけです。

ちなみに、「NFTってなに?」という人は、以下の記事からお読みください。

》NFTとは?初心者にも分かりやすく解説

The Sandboxへの出資企業

The Sandboxは、ソフトバンクグループから105億円もの出資を受けたことで注目を集めました。

「世界中で大注目のNFTゲームですね!」

The Sandboxのゲーム内容

The Sandboxは「メタバース」と呼ばれる仮想空間の中で、自分の分身となるアバターを操作して遊びます。

内容としては、「マインクラフト」と似たような感じで遊べるゲームです。

The Sandboxの遊び方

  • メタバースで散策する
  • キャラクターやアイテムを作成する
  • ゲームを作成する

作成したNFT(キャラクターやアイテム)は、NFTマーケットプレイスで売買することができます。

また、作ったゲームを有料で提供することができるので、人気がでれば不労所得をGETできるかも!?

ちなみに、国内ではCoincheckが唯一The Sandboxに対応したNFTマーケットプレイスを運営しています。興味がある人は、口座開設をして取引をしてみましょう!

Coincheck

》詳しい口座開設の方法はこちら

The Sandbox(サンドボックス)で使われる仮想通貨SANDとは?

The Sandbox(サンドボックス)で使われる仮想通貨SANDとは?

仮想通貨「SAND」は、The Sandbox内で使われる通貨です。

仮想通貨SANDの特徴

「SAND」は、The Sandbox内で流通している仮想通貨です。

SANDはThe Sandbox内の土地である「LAND」やアイテムなどを取引するときに使用します。

国内の取引所では唯一Coincheckで取引ができるので、The Sandboxをプレイする人はCoincheckで口座開設しておきましょう!

仮想通貨SANDの価格動向

仮想通貨SANDの価格動向

SANDは、2022年11月頃に一気に価値を上げました。

その後、ピーク時に比べると価値は落ちましたが、全体的に価値は安定しているようです。

仮想通貨SANDの将来性

SANDは「NFT市場の成長」「The Sandboxのユーザー数の増加」によって価値が高まっていくかもしれません。

今後の情報に注目しながら、価格推移を見守っていきたいですね。

The Sandbox(サンドボックス)の稼ぎ方

The Sandbox(サンドボックス)の稼ぎ方

The Sandboxでは、以下のような方法で稼ぐことができます。

  • LANDの売買や貸し出し
  • NFT(キャラクターやアイテム)を販売
  • ゲームを開発して有料で提供

「順番に解説します」

稼ぎ方①:LANDの売買や貸し出し

「LAND」と呼ばれるThe Sandboxの土地は、以下の2つの方法で稼ぐことができます。

  • LANDの売買
  • LANDの貸し出し

LANDの売買

LANDの売買の流れは以下のような感じです。

  • ①:The SandboxのLANDを購入
  • ②:購入したLANDが値上がりするのを待つ
  • ③:値上がりしたLANDを売って利益を得る

通常の不動産投資や株式投資と同じようなイメージですね。

当たり前ですが、得するだけでなく、損する可能性もあるので投資は自己判断でお願いします。

LANDの貸し出し

LANDを他のプレイヤーに貸し出し、レンタル料を徴収することで稼ぐこともできます。

ただし、「たくさんの人が集まるLAND」「魅力的なLAND」を作らないといけないので、少し難易度は高めです。

収益化に成功すると、ほぼ不労所得といえるような収入が得られるのは魅力的ですね!

稼ぎ方②:NFT(キャラクターやアイテム)を販売

VoxEdit

The Sandboxのメタバース内で使えるNFT(キャラクターやアイテム)を販売することで稼ぐことができます。

商品となるボクセルアートは、無料で使用できる「VoxEdit(ボックスエディット)」というツールを使って作成が可能です。

作ったボクセルアートはThe Sandbox内のショップで販売でき、売れたら仮想通貨SANDがもらえますよ。

OpenSeaでの販売

ボクセルアートはOpenSeaのようなNFTマーケットプレイスで売ることもできます。

作成するスキルを高めていくことで、稼げる金額も大きくなりそうですね!

稼ぎ方③:ゲームを開発して有料で提供

Game Maker

The Sandboxの中で遊べるゲームを開発し、有料で他のプレイヤーに遊んでもらうことで稼ぐことができます。

ゲーム開発は「Game Maker(ゲームメーカー)」という無料ツールを使って作成が可能です。

初心者にはゲーム制作は簡単とはいえませんが、挑戦する価値はあると思いますよ!

The Sandbox(サンドボックス)の取引に便利な国内の仮想通貨取引所

The Sandboxで稼ごうと思うなら、Coincheckで口座開設をしておくと便利です。

Coincheckをおすすめする理由

The Sandboxで稼ぎたい人にCoincheckをおすすめする理由は以下の2つ。

  • 仮想通貨SANDが買える
  • Coincheck NFTでLANDが買える

国内の仮想通貨取引所で「SAND」と「LAND」の取引ができるのはCoincheckだけ!

他の取引所で「SAND」や「LAND」を購入するには、海外の取引所を経由する必要があります。

送金を繰り返すと手数料も多くなってしまいますし、The Sandboxで稼ぎたいならCoincheck一択ですね!

Coincheckで口座開設する方法

Coincheckでの口座開設は簡単!早い人なら10分で完了しますよ。

運転免許証などの身分証明を用意して、以下のリンクから手続きを済ませましょう!

Coincheck

》詳しい口座開設の方法はこちら

The Sandbox(サンドボックス)の始め方

The Sandbox(サンドボックス)の始め方

The Sandboxは以下の3ステップで始めます。

  • ①:Coincheckで口座開設(SANDの購入)
  • ②:MetaMaskウォレットを作成
  • ③:The Sandboxにサインイン

「順番に解説します」

始め方①:Coincheckで口座開設(SANDの購入)

まずはサクッとCoincheckで口座開設をしましょう!

Coincheck

》詳しい口座開設の方法はこちら

口座開設ができたらSANDの購入

Coincheckで口座開設ができたら、The Sandbox内で使う通貨「SAND」を買っておきましょう。

5,000円分くらい買っておけば、とりあえずゲームを始めることはできると思います。

「SAND」の買い方は以下で詳しく解説されています。

》Coincheckで「SAND」を買う方法

始め方②:MetaMaskウォレットを作成

 次に、仮想通貨を入れておく「財布」であるMetaMaskウォレットを作ります。

無料で作れるので、以下の記事をみながらウォレットを作成していきましょう。

》MetaMaskでウォレットを作る方法

MetaMaskのアカウントを開設する方法【画像13枚で解説】

始め方③:The Sandboxにサインイン

The Sandboxにサインイン

The Sandbox

MetaMaskウォレットを作成したら、The Sandbox公式サイトにアクセスしてウォレットを接続しましょう。

これで、The Sandboxで遊ぶ準備はOKです!

The Sandbox(サンドボックス)に関するよくある質問

The Sandboxに関するよくある以下の3つの質問にこたえます。

  • The Sandboxは未成年でも遊べるの?
  • The Sandboxはスマホでも遊べる?
  • The Sandboxを始めるにあたって注意点は?

「順番に解説します」

質問①:The Sandboxは未成年でも遊べるの?

The Sandboxの公式サイトでは「対象年齢:18歳以上」となっています。

そして、仮想通貨SANDなどを購入するには仮想通貨取引所で口座開設が必要ですが、国内では未成年の口座開設はできません。

基本的には、成人になってから遊べるものと思った方が良さそうですね。

質問②:The Sandboxはスマホでも遊べる?

今のところ、The Sandboxのスマホアプリはありません。

要するに、パソコンでのプレイしかできないということですね。

とはいえ、セキュリティの問題を考えると、仮想通貨やNFTはスマホではなくパソコンで楽しむのが良いと思います。

質問③:The Sandboxを始めるにあたって注意点は?

The Sandboxに限らず、NFTを楽しむ際には「詐欺対策」をしっかりやることが重要です。

確実にやっておきたいのはウォレットを「購入用」と「保管用」に分けて管理すること。

ウォレットを分けておけば、万が一「購入用ウォレット」を詐欺サイトに接続したとしても、被害を最小限にできます。

》MetaMaskウォレットを複数管理する方法

さらに防御力を高めるには

NFTを楽しむにあたって、さらに防御力を高めるには「ハードウェアウォレット」を使うのが良いと思います。

ハードウェアウォレットについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひお読みください。

》ハードウェアウォレットとは?

まとめ:The Sandbox(サンドボックス)の始め方・稼ぎ方

まとめ:The Sandbox(サンドボックス)の始め方・稼ぎ方

というわけで、「The Sandboxの始め方・稼ぎ方」を解説しました。

最後にもう一度、The Sandboxの始め方をお伝えします。

  • ①:Coincheckで口座開設(SANDの購入)
  • ②:MetaMaskウォレットを作成
  • ③:The Sandboxにサインイン

「上記の3ステップで始められます!」

The Sandboxで使われる「SAND」や「LAND」はCoincheckで取引ができます。

The Sandboxに興味がある人は、まずはCoincheckの口座開設から始めておきましょう!

早い人なら10分で口座開設できますよ!

Coincheck

》詳しい口座開設の方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA