★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

【初心者向け】Defi(ディファイ)の始め方【Pancakeswap】

Defiって何だろう?仮想通貨を使って稼げるらしいけど、どうやればいいのかな?注意点とかあれば教えてほしい」

こういった疑問にこたえます。

この記事の内容

  • Defiとは?始める前に知るべきこと
  • PancakeswapでのDefiの始め方を解説
  • Defiを始めるにあたっての注意点

ここ数年、銀行にお金を預けても金利はほとんどつかないですよね。

でも、仮想通貨を銀行のような組織Defiで運用すると、年利20%とか普通にもらえちゃったりします。

年利20%って株や投資信託でもなかなか実現できないですよね。100万円運用したら月に2万円ずつの不労所得!

「でもさ、ちょっとあやしいんじゃないの?」

上記のように思う人もいるはず。

なので、この記事ではDefiの仕組みを簡単に解説します。

Defiは5000円くらい(0.01BTC)から経験できるので、少額で試したい人でもOKですね。

「僕も、最初は5000円くらいの少額運用でお試ししました」

》今すぐDefiを始めたい人はこちら

Defi(ディファイ)とは?始める前の事前知識

Defi(ディファイ)とは?始める前の事前知識

Defiとは、「Decentralized Finance」の略で『分散型金融』と呼ばれることもあります。

銀行のような中央集権型システムを使わず、ユーザー同士で金融資産の取引を行うことが特徴です。

従来の銀行とDefiの違い
引用:fxcoin

図にすると上記のような感じ。

Defiでは、資産の取引に金融機関が仲介しないため、スピーディーな取引と高い年利が期待できます。

Defiを利用して稼ぐ方法

Defiを利用して稼ぐ方法は、大きくわけて以下の2つ。

  • ①:Defi関連の仮想通貨に投資する
  • ②:Defiに仮想通貨を貸し出す

「順番に解説します」

①:Defi関連の仮想通貨へ投資

Defi関連の仮想通貨は、以下のようなものがあります。

など。
これらはDefiが世界的にブームとなった2020年からの1年間で500~6000倍に価値が上昇しています。

これらの仮想通貨を保有して値上がりしたら売ることで利益を出せます。

「1年間に6000倍ってすごいですね!」

②:Defiへ仮想通貨の貸し出し

Defiに仮想通貨を貸し出すことで、金利を得ることでも利益を出せます。

この記事では、「Pancakeswap」に仮想通貨をプールすることで、CAKEという仮想通貨をもらう方法を解説していきます。

「CAKEは取引所で売買できるので、売却して利益を得られるよ」

保有している仮想通貨をプールするメリットは以下の2つ。

  • 預けておくだけでOK
  • 銀行より金利が高い

Defiの最大のメリットは預けておくだけでトレードする必要がない。しかも、銀行よりも高い金利収入を得ることが期待できることです。

Pancakeswapでは、2つの仮想通貨をペアにして貸し出すことで、金利収入を得ます。

実際に、Pancakeswapの年利実績は以下のとおり(2021年3月)。

  • CAKE/BNB:約150%
  • SUSHI/ETH:約88%
  • USDC/BUSD:約20%

仮想通貨のペアによって年利は変わります。CAKE/BNBは年利がとても高いですが、価格変動のリスクも高いです。

初心者は比較的価格変動が少なく、安定しているUSDC/BUSDやBNB/BUSDが良いかと。

「以下では、僕が実際に利用しているBNB/BUSDのやり方を解説します!」

Defi(ディファイ)の始め方【10ステップ】

Defi(ディファイ)の始め方【10ステップ】

Defiの始め方は以下の10ステップ。まずは初心者でも扱いやすいPancakeswap(パンケーキスワップ)で始めてみましょう。

  • ①:国内取引所でビットコインを購入
  • ②:MetaMaskをインストール
  • ③:MetaMaskをBSCネットワークに接続
  • ④:海外取引所Binanceにビットコインを送金
  • ⑤:BinanceでビットコインをBNBに交換
  • ⑥:BinanceからMetaMaskにBNBを送金
  • ⑦:MetaMaskをPancakeswapに接続
  • ⑧:PancakeswapでBNBの一部をBUSDに交換
  • ⑨:BNBとBUSDの流動性を提供してCAKEを入手
  • ⑩:CAKEをStakeしてさらにCAKEを増やす

順番に解説します。

事前準備として、国内の仮想通貨取引所で口座開設をしておきましょう。

初心者におすすめの取引所

①:国内取引所でビットコインを購入

まず、国内取引所でビットコインを買いましょう。

とりあえず、0.01BTC以上買っておけば、Defiの手続きを進められます。

この記事では、bitFlyerを使ってPancakeswapでDefiを始める方法を解説していきますね。

「bitFlyerでビットコインを買う方法は以下からどうぞ」

》bitFlyerでビットコインを買う方法

②:MetaMaskをインストール

パソコンにMetaMask(ウォレット)をインストールしましょう。

MetaMaskに仮想通貨を入れることで、外部サイトに接続して取引できるようになります。

「MetaMaskのウォレットの作り方は以下からどうぞ」

》MetaMaskのウォレットの作り方

MetaMaskのアカウントを開設する方法【画像13枚で解説】

③:MetaMaskをBSCネットワークに接続

MetaMaskのウォレットを作ったら、BSCネットワークを追加する手続きが必要です。

MetaMaskをBSCネットワークに接続①
  • Googleクロームの画面右上のパズルのアイコンをクリック
  • MetaMaskのパスワードを入力
  • イーサリアムメインネットをクリックして「ネットワークの追加」を選択
MetaMaskをBSCネットワークに接続②

以下のように入力しましょう。

  • ネットワーク名:BCS Mainnet
  • 新しいRPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/
  • チェーンID:56
  • 通貨記号:BNB
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com/

「上記をコピペしましょう」

これでMetaMaskをBSCネットワークに接続できました。

④:海外取引所Binanceにビットコインを送金

次に、海外取引所のBinanceのビットコインを送金します。

  • Binanceで口座開設
  • bitFlyerからBinanceにビットコインを送金

上記の2つをやる必要があります。

「以下の記事を参考に、Binanceにビットコインを送りましょう」

》Binanceの口座開設後、ビットコインを送金する

【スマホで簡単】Binance(バイナンス)の登録・口座開設から仮想通貨の交換まで【10分で口座開設が完了】

⑤:BinanceでビットコインをBNBに交換

BinanceでビットコインをBNBに交換します。

Binanceのトップページ
BinanceでビットコインをBNBに交換①
  • 画面上の「トレード」をクリック
  • 「Binance Convert」をクリック
BinanceでビットコインをBNBに交換②
  • 振替元に「BTC」の数量を入力
  • 振替先は「BNB」を選択
  • 振替が終了すると「成功」が表示

「これでBinanceウォレットにBNBが入ります」

⑥:BinanceからMetaMaskにBNBを送金

BinanceからMetaMaskにBNBを送金①
  • トップページ右上の「人のアイコン」をクリック
  • 「ウォレット概要」をクリック
BinanceからMetaMaskにBNBを送金②
  • 右上の「出金」をクリック
BinanceからMetaMaskにBNBを送金③
  • アドレス:MetaMaskのウォレットアドレス
  • ネットワーク:BSC(BEP20)

上記を入力しましょう。

BinanceからMetaMaskにBNBを送金④
  • 電話番号認証コードを入力
  • メール認証コードを入力

審査が終わるとメールで通知がきます。

通知がきたらMetaMaskを開いてBNBが着金しているか確かめましょう。

BinanceからMetaMaskにBNBを送金⑤

⑦:MetaMaskをPancakeswapに接続

いよいよPancakeswapの設定です。

Pancakeswapのホームページを開きましょう。

》Pancakeswapのホームページ

MetaMaskをPancakeswapに接続①
  • Connect Walletをクリック
  • MetaMaskを選択

このあと、MetaMaskのパスワードを入力して接続完了です。

⑧:PancakeswapでBNBの一部をBUSDに交換

PancakeswapでBNBの一部をBUSDに交換①
  • 画面左上の「Trade」をクリック
  • 「Swap」のタブを選択
  • BNB→BUSDに設定
  • BNBの数量を入力

BNBとBUSDの両方が必要なので、BNBの半分くらいをBUSDにしておきましょう。

「この後の手続きにBNBが手数料として必要になります」

PancakeswapでBNBの一部をBUSDに交換②
PancakeswapでBNBの一部をBUSDに交換③
  • 内容を確認
  • 「Supply」をクリックすると、BNB→BUSDの換金が完了

⑨:BNBとBUSDの流動性を提供してCAKEを入手

BNBとBUSDの流動性を提供してLPトークンを入手①
  • 画面上の「Earn」をクリック
  • 「Farms」をクリック
  • 「BUSD-BNB」をクリック
BNBとBUSDの流動性を提供してLPトークンを入手②
  • 「Stake LP」をクリック
BNBとBUSDの流動性を提供してLPトークンを入手③
  • 「MAX」をクリック
  • 「Confirm」をクリック
  • ガス代を確認
BNBとBUSDの流動性を提供してLPトークンを入手④

設定が完了したか確認しましょう。

  • 「Earn」をクリック
  • 「Farm」のタブを選択
  • 「Staked only」を選択

設定が完了すると、上記のような画面になります。このまま数日放置すると、CAKEが貯まっていきます。

BNBとBUSDの流動性を提供してLPトークンを入手⑤

後日、CAKEを収穫しましょう!

  • 「Earn」をクリック
  • 「Farm」をクリック
  • 「Harvest」をクリック
BNBとBUSDの流動性を提供してLPトークンを入手⑤
  • 「ガス代」を支払う
  • 画面右上の「Wallet」をクリック
  • ウォレットの中にCAKEが入りました

「このCAKEをBinanceに送ってBitcoinに交換できるよ!」

でも、今回はさらにCAKEを増やす方法を紹介します!

⑩:CAKEをStakeしてさらにCAKEを増やす

CAKEをStakeしてさらにCAKEを増やす
  • 「Earn」→「Pools」をクリック
  • 「Stake CAKE」を選択

「Flexible」と「Loked」の違いは以下のとおり。どちらかを選択して利用します。

  • Flexible:いつでも引き出せるけど、収益率が低い
  • Loked:設定した期間は引き出せないけど、収益率が高い

「それぞれ解説しますね!」

Flexible

Flexibleの設定
  • 手持ちのCAKEの「何%」をStakeするか選択

Locked

Lockedの設定
  • 手持ちのCAKEの「何%」をLockするか選択
  • Lockする期間を選択

設定後

設定後の画面

上記の設定後、ガス代を支払って設定完了です。

元の画面に戻って「Stake CAKE」に戻って『Locked』となっていればOK。

あとは、指定した期間が経過した後に受け取るだけです。
Defiの設定お疲れさまでした!ガシガシ資産を増やしていきましょう!

「初めての人は1週間『Locked』してみよう!」

Defi(ディファイ)の利益は?始めてどのくらいで儲かるの?

Defi(ディファイ)の利益は?始めてどのくらいで儲かるの?

「Defiってすぐに儲かるの?」

上記のように思う人も多いはず。

Defiの利益は、プールする資金量が多いほど利益があげやすく、逆に資金量が少ないと利益をあげるのは難しいです。

Defiの収益率

BNB/BUSDの収益率はだいたい以下のような感じ。

  • 1日:0.05%
  • 7日:0.3%
  • 30日:1.5%
  • 1年:20%

1万円分を30日間あずけたら100円の利益が出るイメージです。

10万円を1年預けたら12万円に!何もしないのに2万円も儲かっちゃうのはすごいですね。

預けておくだけで増える!

「なんだ、あまり儲からないな…」って思いましたか?でもDefiの良いところは「預けておくだけ」です。

日本円で銀行に預けていても金利はほとんどつかないですし、仮想通貨もウォレットに入れておいたら増えません。

しばらく使わない仮想通貨があるなら、Defiで運用しておくのも検討してみては?

「僕はガチホ分の半分をDefiで運用中」

Defiで運用を始めるオススメの仮想通貨のペア【Pancakeswap編】

Defiで運用を始めるオススメの仮想通貨のペア【Pancakeswap編】

オススメといっても、リスク許容度によって異なってくるので、以下の2パターンで紹介します。

  • ローリスク・ローリターン
  • ミドルリスク・ミドルリターン

「ハイリスク・ハイリターンは初心者には難しすぎるので割愛です…」

オススメ①:ローリスク・ローリターン

基本的にはステーブルコイン同士のペアであれば、価格変動は少ないです。

  • USDC/BUSD
  • USDT/BUSD
  • VAI/BUSD

利益率はどれも1ケタ台。少し物足りない気がするかもですが、5%くらいの収益はでるので、ただ貯金しているより良いですよね。

「リスクはとりたくない」「よく分からないけど、Defiをさわってみたい」という人は、上記のペアから始めてみるのもいいかも。

オススメ②:ミドルリスク・ミドルリターン

片方がステーブルコインのペアにすると、少しリスクをとりつつ、利益率を上げられます。

  • BNB/BUSD
  • BNB/USDT
  • ETH/USDC

上記は利益が大体20%前後になるので、10万円入れれば年間2万円の収益。100万円入れれば年間20万円の収益です。

夢の不労所得ですね。

「僕もBUSD/BNBのペアをメインに運用しています」

》DeFiの始め方に戻る

Defi(ディファイ)でよくある疑問【始める前に知っておこう】

Defi(ディファイ)でよくある疑問【始める前に知っておこう】

Defiに関してよくある質問は以下の3つ。

  • Defiは必ず儲かるの?
  • Defiのリスク・デメリットは?
  • Defiはスマホでできるの?

どれもDefiを始める前に知っておくべきことです!

疑問①:Defiは確実に儲かるの?

確実に儲かるわけではありません。

Defiも投資のひとつ。運用する仮想通貨の価値が下がれば、当然ながら損をします。

価格変動のリスクを抑えたい場合は、USDTなどのステーブルコインでの運用を検討しましょう。

疑問②:Defiのリスク・デメリットは?

Defiの最大のリスクは、プラットフォームやウォレットのハッキングです。

銀行などと違って、ハッキングされても誰も守ってくれないのがデメリットですね。全部、自己責任。

加えて、初心者は操作ミスに気を付けましょうね。操作ミスで失ったお金も、絶対に返ってきません。

「ホント、気を付けましょう」

疑問③:Defiはスマホでできるの?

スマホでもできるけど、パソコンでやるべきです。

スマホだと誤ってタップするリスクが高まります。操作ミスで失った仮想通貨は戻ってきません。

あと、外出先などでFree Wi-fiにつないでやるのは絶対にやめましょうね。ハッキングされて全部の資産を盗まれちゃいますよ。

》Defiの始め方に戻る

まとめ:Defi(ディファイ)の始め方【Pancakeswapで運用してみよう】

まとめ:Defi(ディファイ)の始め方【Pancakeswapで運用してみよう】

というわけで、初心者向けのDefiの始め方として「Pancakeswapを利用する方法」を解説しました。

ここまでをまとめます。

  • 初心者はPancakeswapでDefiを始めよう
  • Defiは設定したら放置するだけで儲かる
  • 必ず儲かるわけではなく、リスクもある

Defiは上記のような感じです。保有する仮想通貨を貸し出して、その利子をもらうようなイメージです。

Defiを始めてみよう

Defiの設定は簡単とは言えませんが、一度やってみると以後は苦労しないと思います。

普段、インターネットで検索をしたり、SNSを使っている人なら大丈夫。

この記事ではPancakeswapでのDefiの始め方を、中学生やおばあちゃんでも理解できるように解説しました。

早めの行動が吉

仮想通貨はじわじわとブームを起こしています。

近い将来、今よりも仮想通貨を触る人が増えるのは間違いありません。仮想通貨を保有する人が増えると、どうなるか?

Defiを利用する人が増える=利益率が下がる

上記が起こる可能性は高いと思っています。

だからこそ、早めに利用してしっかり利益を出しましょう!

「あのときに始めていたら…」と後悔しないためにも、今すぐ行動に移しましょう!

》「Defiの始め方」をもう一度読む

「上記のリンクで、この記事のDefiの始め方に戻れます!順番にDefiの準備をしていきましょう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA