★ 9/30まで!! 無料で1,500円分のビットコインがもらえる!! Coincheckで口座開設 ★

【残念】NFTはコピーできます。でも、NFTで大切なのは「所有」だから問題なし

「NFTが流行っているけど、普通にPCからコピーできる画像じゃないの?簡単にパクられちゃうじゃん…」

こういったテーマで記事を書いてみます。

この記事の内容

  • NFTは「所有」を明らかにする技術
  • なぜ、「誰が所有しているのか」が分かるのか?
  • NFTを所有することの意義

最近、いろいろなところで聞く「NFT」。普通の画像と何が違うのか気になりますよね?

僕自身も「NFTって言っても画像データだから簡単にコピーされちゃうじゃん」って思っていました。

実際に、TwitterなどのSNSを見ていると、同じようなNFTアイコンが別アカウントで使用されているのを見ることもあるかと思います。

でも、NFTに大切なのは「コピーされる、されない」ということではなかったんです。

NFTはコピーできます【大切なのは「所有」】

結論、NFTはコピーできるけど、価値はコピーできないので大丈夫です。

NFTはコピーを防止する技術ではない

そもそも、NFTはコピーを防止する技術ではありません。ここを勘違いしている人がいるのでは?

だから、NFTはコピーし放題です。NFTアート自体はjpegやpngなどの画像データなので。

「じゃあ、わざわざお金を払って買う必要ないじゃん…」

上記のように思うかもですが、NFTには『価値』があります。

NFTは「所有」を明らかにする技術

NFTは「現在、誰が持っているか」ということを明らかにします。なんなら「誰が作って、これまでどのように取引されてきたか」も一目瞭然です。

その仕組みを支えているのが『ブロックチェーン』という技術。

ブロックチェーンをたどれば誰のものか分かる

ブロックチェーンとは「取引履歴を暗号技術で過去から1本でつながる鎖のように記録して、正確な取引履歴を維持する技術」です。

この技術により、データの破壊や改ざんが極めて困難であるといわれています。

ブロックチェーンの鎖をたどることで、NFTがどのように取引されてきたのかが、誰から見ても分かるようになっているわけですね。

コピーする人は「無視」でOKです

というわけで、NFTアートは誰から見ても所有者がハッキリと分かるようになっているので、コピーされたとしても「価値」はあなたのところに残っています。

「NFTをコピーした人が、勝手に他のところで売買することはできないわけですね」

だから、別にコピーされようが問題ないので、無視しておけばOKですよ。

それでも嫌ならブロックチェーン情報の開示

NFTの価値はコピーされないといっても、自分の大切なNFTがコピーされると気持ちは穏やかじゃないですよね。

そんな時には、ブロックチェーンの取引履歴を開示すればいいと思います。

ブロックチェーンの情報の書き換えはほぼ不可能なので、誰から見ても「あなたのNFT」ということが証明できますよ。

「次に、最近大注目のNFTですが、みんなが買いたがっている理由を解説します」

なぜ、人々はNFTを「所有」したいのか?

NFTを所有する理由には、以下の3パターンがあると思います。

  • ①:所有欲を満たしたい【ステータス】
  • ②:NFTで稼ぎたい
  • ③:最先端の技術を経験したい

順番に解説しますね。

①:所有欲を満たしたい【ステータス】

NFTを購入すると「所有欲求」が満たされます。

  • ブランド品:界隈に認められた高額NFT
  • ファングッツ:お気に入りのクリエイターのNFT

高額なNFTを持つことが「ステータス」と感じる人もいます。また、ファングッツのように「自己満+クリエイター応援」の意味合いを感じる人もいます。

NFTにかける想いは人それぞれですが、個々の想いが詰まって所有欲求をガッツリ満たしてくれるものです。これは所有した人しか分からないかもですね。

ドレスコードとしてのNFT

NFTはコミュニティーの一員であることを示すドレスコードのようなものだったりもします。

「あるコレクションのNFTをSNSのアイコンにするなどして『仲間』であることをアピールするわけですね」

NFTを通じて「仲間」ができるわけですが、素晴らしい世界だと思います。

②:NFTで稼ぎたい

実は、NFTで稼ぐこともできます。稼ぐ手段は大きく分けて以下の3つ。

  • 投資:NFTの売買で稼ぐ
  • 販売:NFTを作って稼ぐ
  • ~to earn:NFTゲームやアプリで稼ぐ

NFTは二次流通、三次流通、、、と売買が繰り返される場合があります。いわゆる「転売」ですね。

株や不動産などの投資と同じように、NFTも「安く買って、高く売る」ことで利益を得られます。

その他、自分でNFTを作成して売ったり、ゲームやアプリで稼ぐこともできちゃいます。

「ゲームで稼ぐ?そんなことできるの?」

って思いますよね。それがNFTならできちゃうわけです。詳しくは以下の記事をお読みください。

》NFT副業の始め方と稼ぎ方

【重要】NFT副業の始め方と稼ぎ方【簡単じゃないけどやる価値アリ】

③:最先端の技術を経験したい

NFTやブロックチェーンの技術はまだ世の中に出たばかり。まだまだ開発途上の新しい技術と言ってよいと思います。

これから来る未来を、最先端で体感したい。そんな思いでNFTに参入している人も多いのでは。

現在、大手企業が次々とNFTに参入してきており、日本の国会でも法整備に向けた動きが出始めています。

「そんなNFT、今からチェックしておかないと、時代の波に乗り遅れちゃうかも…」

まとめ:NFTの価値はコピーできない

というわけで、この記事では「NFTはコピーできるけど、大丈夫なの?」というテーマで解説しました。

ここまでをまとめます。

  • NFTは「所有」を証明するもの
  • コピーされても「価値」は変わらない
  • NFTは所有欲を満たす
  • 売買やゲームで稼ぐこともできる

こんな感じでしょうか。

この記事を読んで、NFTに興味を持っていただけたならうれしいです。

NFTはまだまだ世間での認知度は低い…。でも、そんな今だからこそ、参入すれば時代を先取る上位数パーセントの人になれます。

今がチャンス!NFTの始め方は以下の記事で解説しています。ぜひ、トライしてみてください。

》【OpenSea】NFTの買い方 | 初心者向けに5ステップで解説

【OpenSea】NFTの買い方 | 初心者向けに5ステップで解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA