bitFlyerの招待コードで1500円もらう方法 》

Braveブラウザのシェア・ユーザー数は?【独自調査の結果も公開】

このサイトの記事内では「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮してコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。

問題のある表現がございましたらお問い合わせよりご連絡いただけますと幸いです。

「Braveブラウザって、どのくらいの人に使われているのかな?」

こんな人におすすめ

  • Braveブラウザについて詳しく知りたい
  • 世界のブラウザのシェアが気になる
  • 国内のBraveの使用状況が気になる

たしかに、Braveブラウザを使う前に実際のシェアを知って安全性などを確認したいですよね。

ブラウザのシェアについては、世界および国内の統計が公開されています。

加えて、この記事では僕がTwitterでアンケート調査を行った結果も示しながらBraveブラウザのシェアを解説します。

記事を読んで、Braveブラウザの使用状況を確認していきましょう。

注目

Braveブラウザには「不要な広告をブロック」「検索するだけで稼げる」などの機能が無料で搭載されています。

他にも様々な便利な機能がありますので、詳しくはBraveブラウザの使い方をお読みください。

Braveの使い方:iPhone・Android版ブラウザ・アプリの設定も解説【2024年最新】

この記事を書いた人

こたろ
CryptoBegin運営者

PROFILE

✓ web3.0やNFTに関する情報を発信

✓ web3.0で稼ぐ人を増やしたい

✓ 妻と子どもとマイペースに暮らしています

詳しいプロフィール

続きを見る

Braveブラウザのシェアは?

Braveブラウザのシェアは?

ブラウザのシェアについて、以下の4つの報告を紹介します。

  • Statcounter Global Stats(世界)
  • W3Counter(世界)
  • NetMarketShare(世界)
  • SHIFT ASIA(日本)

「順番に見ていきましょう!」

報告①:Statcounter Global Stats(世界)

下のグラフは、デスクトップとタブレット・アプリの全てを合わせたシェアです。

Statcounter Global Stats:ブラウザのシェア
Statcounter Global Stats

Chromeが圧倒的に多いのが分かりますね。

ちなみに、Braveは「その他」に入っていると思われますが、実際のシェアは数値では示されていません。

報告②:W3Counter(世界)

W3Counter

W3Counterの調査でも、上の画像のとおりChromeが圧倒的に多くのシェアを獲得しています。

Braveブラウザのシェアは、ChromeやSafariなどと比べると、かなり少ないと言えそうですね。

報告③:NetMarketShare(世界)

NetMarketShareによると、Braveブラウザの世界でのシェアは0.05%です。

ただし、NetMarketShareは2020年10月を最後に、データの更新は終了しています。

実は、Braveはユーザー情報を暗号化するため、正確なシェアの割合を把握するのは困難と言われているんですね。

「今後、正確な数値が出てくることに期待ですね!」

報告④:SHIFT ASIA(日本)

SHIFT ASIA:ブラウザのシェア
SHIFT ASIA

日本の企業であるSHIFT ASIAの調査によると、国内ではChromeが50%程度のシェア

Braveは「その他」に含まれ、1.8%以下という結果です。

日本でもBraveの使用率はまだまだ低いですね。

Braveブラウザのユーザー数は?

Braveブラウザは、2023年時点で5000万人以上のユーザーがおり、今後も伸びることが期待されています。

ユーザー数:5000万人以上

Braveのユーザー数の推移
【Brave公式】

月間ユーザ数は5年連続で前年と比べて倍増しています。

2021年末には5000万ユーザーを超え、デイリーアクティブユーザー数も1550万を超えているそうです。

「すごい勢いで成長していますね!」

予想:今後もBraveブラウザのユーザー数は伸びるのか?

今後もBraveブラウザのユーザー数は伸びていくと思います。

なぜなら、以下のような機能が全て無料で使えるなど、他のブラウザより機能的に優れているからです。

  • 広告ブロック
  • ページ表示が高速
  • 複数端末で同期
  • テレビ電話
  • 検索するだけで稼げる

現在、Chromeを使っている人はBraveブラウザとChromeの比較を、ぜひお読みください。

きっと、機能の違いに驚くと思いますよ!

Braveブラウザの全機能は以下の記事で紹介しています」

Braveの使い方:iPhone・Android版ブラウザ・アプリの設定も解説【2024年最新】

実際にBraveブラウザのシェアについて調べてみた

実際にBraveブラウザのシェアについて調べてみた

実際に、僕のTwitterアカウントで、現在使っているブラウザについてアンケート調査をしてみました。

Twitterアンケートの結果

上記のように、やはりChromeが圧勝でした。

でも、先ほど紹介した海外の調査などに比べると、Braveの割合が高いと思いませんか?

web3.0に参入している人は利用率が高い

僕のTwitterアカウントは、web3.0やNFTについて発信しています。

そのため、当然、web3.0やNFTなどに関心がある人がフォロワーに多いわけですね。

Braveブラウザについて目にすることの多いweb3.0界隈の人には、比較的高い割合で使われているブラウザのようです。

リテラシーの高い人に使われやすいブラウザってことですね!」

Braveブラウザのシェアが広がらない理由

Braveブラウザのシェアが広がらない理由

メリット・魅力の多いBraveブラウザなのに、なぜシェアが広がらないのでしょうか?

  • 認知度が低い
  • 仮想通貨があやしまれている
  • 便利な機能が知られていない

「上記の3つの理由だと思います」

理由①:認知度が低い

残念ながら、Braveブラウザの知名度は低いと言わざるをえません…。

Braveブラウザは2016年にリリースされましたが、日本でユーザーが増え始めたのがその4年後頃から。

2020年にbitFlyerと提携したことで、Braveブラウザで貯めたBATで稼ぐことができるようになりました。

新しいブラウザなので、認知が広まるまでには時間がまだまだ時間がかかるかもしれないですね。

理由②:仮想通貨があやしまれている

Braveブラウザでは「検索するだけで仮想通貨BATが貯まる」という嬉しい機能があります。

でも、人によっては『仮想通貨=あやしい』と決めつけて疑ってしまう人もいますよね。

暗号資産に関する税制要望資料より

しかし、仮想通貨(暗号資産)は、既に世界中で使われている新しい技術です。

日本でも、国家戦略の中にweb3.0が組み込まれるなど、今後はより一般的なものになっていくと思われます。

理由③:便利な機能が知られていない

Braveは検索できるだけのブラウザではなく、以下のような便利な機能がたくさん搭載されています。

  • 広告ブロック
  • プライバシー保護
  • 検索でBATが貯まる
  • ビデオ通話
  • チップ制度

上記の他にも、Braveには沢山の機能があります。

詳しくは「Braveブラウザの使い方」で解説していますので、ぜひお読みください。

Braveブラウザの始め方・インストール方法

Braveブラウザの始め方・インストール方法

始め方【PC・iPhone・Android】

Braveブラウザは、端末によって初期設定の方法が異なります。

以下のリンク先では、ぞれぞれの端末のインストールから初期設定までを画像つきで解説しているので、ぜひ読みながらBraveブラウザを始めてみましょう。

Braveブラウザのインストール

注意点

デスクトップ版iPhone版Android版
BATで稼ぐ稼げる稼げない稼げる
広告ブロック可能可能可能
動画オフライン再生不可可能不可

iPhone版のBraveブラウザでは、Apple社との折り合いがつかず「BATが貯まる機能」が使えません。

iPhoneユーザーは、デスクトップ(パソコン)版も併せて利用すると良いと思います。

「僕もiPhone+PCでBraveを使っています」

注目

Braveブラウザは検索するだけで仮想通貨BATを貯めることができます。

BATを貯める設定のやり方は以下の記事で解説していますので、ぜひお読みください。

Braveブラウザの仮想通貨BATの貯め方・稼ぎ方とは?スマホ版アプリも解説【2024年最新版】

Braveブラウザについてよくある質問

Braveブラウザについてよくある質問

質問①:Braveブラウザは危険性がないの?

結論からいうと、Braveブラウザは他のブラウザ同様に安全に使うことができます。

むしろ、Braveは他のブラウザよりもプライバシー保護に力を入れているブラウザです。

大学や競合企業の調査結果でも「Braveは安全」と評価されていますので、詳しくはBraveブラウザの危険性・安全性の記事でご確認ください。

質問②:Braveブラウザのデメリットは?

Braveブラウザには以下のようなデメリットもあります。

  • 広告ブロックで表示が崩れることがある(稀)
  • 動画のオフライン再生はiOSのみ対応
  • 連携できる口座はbitFlyerのみ
  • iPhoneではBATが稼げない
  • Braveに関する情報が少ない

上記の問題点については「Braveブラウザの問題点・デメリット」の記事で詳しく解説しています。

「とはいえ、メリットが上回るブラウザだと思います!」

質問③:Braveブラウザの評判はどうなの?

Braveブラウザに関しては、ほとんどが「良い評判」で悪い評判はなかなか見つかりません。

特に、「広告ブロック」と「仮想通貨BATが貯まる」という機能が好評です。

とはいえ、悪い評判もいくつかはありましたので、「Braveブラウザの評判・口コミ」の記事でご紹介しています。

まとめ:Braveブラウザのシェア・ユーザー数

というわけで、Braveブラウザのシェア・ユーザー数について解説しました。

ここまでをまとめます。

  • Braveのシェアは他のブラウザより低い
  • ユーザー数は右肩上がりに増えている
  • ユーザーにはweb3.0などリテラシーの高い人が多い

こんな感じでしょうか。

実際にBraveを使ってみると、「広告ブロック」「検索するだけで稼げる」といった機能に大満足です。YouTube広告の動画が流れないという点も嬉しいですね。

魅力が多いブラウザなので、今後、web3.0が認知されるとともにBraveブラウザのシェアも広がるのではないかと予想しています。

Braveブラウザの初期設定は3分で完了するので、ぜひ、今すぐ始めてみましょう!

Braveブラウザのインストール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA